◆子どもたちの食事を作ってくださる方を募集します。
  児童養護施設 つくば香風寮

私どもの調理員さんがお休みをしなければならず。急遽、短期で子どもたちの食事作りをしてくださる方を募集します。

2歳から18歳まで、合計30名の子どもたちの食事ですが、大規模な専用調理器などは少なく、一般家庭の調理とほぼ同じです。
興味がおありの方はぜひお問合せください。

・期間:8月1日〜9月31日
・問合せ先:つくば香風寮 施設長 芳賀 029-875-3451

社会福祉法人同仁会 http://www.doujinkai.or.jp/


◆「独立型社会福祉士実践研究集会」開催のご案内
(公益社団法人日本社会福祉士会)

 「地域共生社会の実現に求められるソーシャルワークの機能〜独立型社会福祉
士に期待すること〜」をテーマに以下にて開催いたします。先着順となっており
ますので、お早めにお申込みください。
1.日時:2017年11月25日(土)13:00〜26日(日)12:00
2.会場:関西大学 堺キャンパス A棟5階SA501号室
  (〒−大阪府堺市堺区香ヶ丘町1丁目11番1号)
3.参加対象:独立型社会福祉士名簿登録者200名、その他参加希望者50名
4.定員:250名
5.申込期日:9月20日(水)
6.参加費:
 (1)都道府県社会福祉士会の会員:10,000円
 (2)会員以外:15,000円
7.プログラム(予定)
●基調講演「地域共生社会の実現に求められるソーシャルワークの機能(仮)」
 講師:松端 克文 氏(桃山学院大学 教授)
●シンポジウム
 テーマ「地域共生社会の実現に求められるソーシャルワーク機能〜独立型社会
     福祉士に期待される役割〜」
 コーディネーター:小川 幸裕 氏(弘前学院大学 准教授)
 コメンテーター:松端 克文 氏(桃山学院大学 教授)
 シンポジスト:仝纏魁〔脆 氏(えふ社会福祉士事務所)
        眦帖“保 氏(一般社団法人社会福祉士事務所にじみる)
        松谷 恵子 氏(まつたに社会福祉士事務所)
●活動報告
テーマ:「都道府県社会福祉士会における独立型社会福祉士の活動」
報 告:一般社団法人兵庫県社会福祉士会
●実践報告
座長:池田 和枝 氏(ソーシャルサポートいけだ)
報告者:田中 弘子 氏(青い鳥社会福祉士事務所)
     :井谷 礼 氏(有限会社ウェルネット21)
     :鹿内 葵 氏(一般社団法人権利擁護あおい森ねっと)
【申込み・問い合わせ先】
公益社団法人日本社会福祉士会 事務局
〒160−0004 東京都新宿区四谷1−13カタオカビル2階
TEL:03−3355−6541 FAX:03−3355−6543
担当:神園  kamizono@jacsw.or.jp
ホームページ(開催要項掲載):http://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kensyu/honkai/files/017/senmon_1125.pdf


◆「第12回 ソーシャルワーク研究所 シンポジウム」開催のご案内
 (ソーシャルワーク研究所)

●総合テーマ
ソーシャルワーク実践現場における人材育成とスーパービジョンの視座
●開催趣旨
 第12回を数える本年度のシンポジウムは、まず、人材の「確保」と「育成」の課
題が、必ずしも共通枠組みの中で語れない難しい事態にあるとの前提に立ち、この
課題の深淵に迫ってみたい。ソーシャルワーク実践現場として「確保」した人材を
いかに「育成」するかについて、研究所から投げかけたい課題は以下の四点である。
(1)実践現場における喫緊の要事は「人材確保」か「人材育成」か。そこに連動
   する問題性をいかに読み解き、解消を図るか。
(2)個々の実践現場が担う「人材育成」の課題とスーパーバイザー養成の方法。
(3)国家試験制度は、果たして、質の高い「人材育成」に貢献しているのか。
(4)社会福祉系大学が担うべき個性的な「人材養成」の意義と時代を先取する
   「卒後教育(研修)」への期待。わが国おける超高齢社会、人口減少時代
   の招来を「縮小化する日本の衝撃」と称する社会状況をソーシャルワーカー
   はいかに読み解くべきか。このような言説は、マニュアルや既存の制度的仕
   組みの想定をはるかに超えた問題が人びとの暮らしに浮上しており、専門職
   として無為無策でいられない事態にあることの警鐘を意味しよう。言い換え
   れば、浮上している事態への対処行動の精度を高め、それを導く専門知の質
   と量をいかに豊かにできるかの問題提起でもある。「相談援助」を業とする
   だけではない人材の「確保」と「育成」と「スーパービジョン」の相互関連
   を問う所以である。
●詳細 http://www.meijigakuin.ac.jp/~kitagawa/social/symposium.html
●プログラム(敬称略)
【主題講演】  13:00〜14:30
「ソーシャルワーク実践現場における人材育成の方法とスーパービジョンの課題」
 渡部 律子(日本女子大学)
【シンポジウム】 14:45〜17:45
 ※総合テーマについて、実践(取り組み)事例を示しつつ各領域から発題します。
 佐原まち子(WITH医療福祉実践研究所):医療福祉領域から
 松澤 拓也(横須賀基督教社会館田浦地域福祉センター):高齢者福祉領域から
 高田 祐介(救世軍機恵子寮):子ども家庭福祉領域から
 後藤真一郎(厚生労働省):地域福祉領域から
総合司会:北川 清一(明治学院大学、ソーシャルワーク研究所)
●主催   ソーシャルワーク研究所
●日時    2017年12月10日(日)13:00〜17:45(受付開始 12:15)
●会場    明治学院大学 白金校舎・本館1201教室(東京都港区白金台1-2-37)
●参加費  一般:5,000円、大学院生:4,000円、学生:3,000円(短大生〜大学生)
●募集定員 80名(定員になり次第締め切り)
●お申し込み方法
1. 峪臆耽醜書」に必要事項をご記入の上、FAXでお送りください。
  ∋臆暖颪鬚振り込みください(恐れ入りますが、振込手数料はご負担願います)。
   なお、ご入金後の参加費は返金いたしかねますのでご了承願います。
※お振り込み先  みずほ銀行 高輪台支店
           (普)1100462
            ソーシャルワーク研究所
2.ご入金の確認後、参加証を郵送いたします。参加証は当日ご持参ください。
●お申し込み・お問い合わせ先
  ソーシャルワーク研究所
   〒108−8636 東京都港区白金台1−2−37 明治学院大学北川清一研究室気付
   Fax:03−5421−5344
   E-mail:swkenkyu@mail.meijigakuin.ac.jp
   URL:http://www.meijigakuin.ac.jp/~kitagawa/


◆国際福祉機器展H.C.R.2017のお知らせ (一般財団法人 保健福祉広報協会)
 下記により、「国際福祉機器展H.C.R.2017」を開催いたします。

【会期】2017年9月27日(水)〜29日(金)
【時間】10:00〜17:30(29日のみ16:00まで)
【会場】東京ビックサイト・東展示ホール(東京都・江東区有明)
【入場料】無料・登録制(一部のプログラムは有料)
【出展】15か国・1地域の530社からの約20,000点の福祉機器を総合展示
【詳細】https://www.hcr.or.jp
【お問い合わせ】
H.C.R.事務局(一般財団法人 保健福祉広報協会)
〒100-8980 東京都千代田区霞ヶ関3-3-2新霞が関ビル
Tel:03-3580-3052 Fax:03-5512-9798        


◆「地域に根ざした中間支援組織スタッフのための支援力アップ塾」
 「ステップアップ編 相談を受ける力」開催のお知らせ
 (東京ボランティア・市民活動センター)
 本センターでは、ボランティア・市民活動センターなど中間支援組織のスタッ
フを対象にした研修として、「地域に根ざした中間支援組織スタッフのための支
援力アップ塾」(通称:支援力アップ塾)を開催いたします。
 今回はその中の「ステップアップ編 相談を受ける力」の開催を予定していま
す。実務ステップアップ編「相談を受ける力」では「この方の本当に困っている
ことは何だろう?」「あの対応でよかったのかな?」「みんなはどうしてる?」
などの疑問に応える講座です。地域に潜在するニーズに気づくプロセスについて
学び、相談記録のつけ方やケース検討の必要性を学びます。

【対象】相談活動の引き出しを増やしたい方
【日時】2017年7月28日(金)10:00〜17:00
【会場】シャロームみなみ風(新宿区弁天町32-6)
【受講料】6,000円
【内容】受講生の皆さんが持ち寄る相談事例(地域課題に関すること)を題材にして
    ケース検討を演習します。
    組織やチームで共有しながら進める相談活動の意義、ケース検討の進め方な
    どを学ぶ、実践的な講座です。
    ※サービス利用者のケース事例は除きます
【詳細・申込み】https://www.tvac.or.jp/special/im/stepup/
        WEBの申込みフォームからお申し込みください。
        ただし、定員になり次第締め切ります。
【主催】東京ボランティア・市民活動センター
【問合せ・申込み先】
東京ボランティア・市民活動センター(支援力アップ塾担当)
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ10階
Tel:03-3235-1171 Fax:03-3235-0050 MAIL:im@tvac.or.jp
開館日:火〜土9時〜21時、日9時〜17時、月曜・祝日休館

※なお、相談活動の基本を学びたい方は、こちらの講座もあります。
■「あれ?」から始まる相談活動
【日時】2017年7月20日(木)13:00〜17:00
【会場】東京都生協連会議室(中野区中央5-41-18)
【受講料】3,000円


◆いちょうの木ボランティア募集!!

いちょうの木では、ボランティア活動にご協力いただける方を募集しています。
入居者の方へ心地いい生活をしていただけるよう、一緒に支援しませんか。
年齢性別は問いません。たくさんの方々と交流していただきたいと思っております。

【内容】 ・入居者の方のお話相手
     ・折り紙、手芸、書道等の教室
     ・歌や演奏・踊りなどの披露
     ・施設内外、環境整備など
     ※他の内容でもご相談ください。

【日時】 ・毎日 9:00〜16:00の間
      ※短い時間でも構いません。

【場所】 ・グループホームいちょうの木
     ・ユニット型特別養護老人ホームいちょうの木
     ※両施設は同敷地内です。

【申込・問合せ先】

     ◆ユニット型特別養護老人ホームいちょうの木
      〒300-1274 つくば市上岩崎834
      TEL 029-875-6013 FAX 029-875-6014
      担当:山田

     ◆グループホーム いちょうの木
      〒300-1274 つくば市上岩崎835-6
      TEL 029-840-1050 FAX 029-976-2671
      担当:船木

     HP http://www.aishinkai.or.jp/index.html


特定非営利活動法人居場所サポートクラブ ロベでは、
様々な理由から、学習塾に行けない子供達を対象に無料塾を
開講しています。
毎週平日2回と土曜日に開催し、学習指導を行っています。

【日 時】    毎週 月・木曜日 18:30〜21:00
          毎週 土曜日 10:00〜12:00

【場 所】    非公開

【募集人員】  定員なし

【参加費】    無料

【内  容】    子ども達のテキストの採点、イベントの提案や開催
          ※テキストの採点は解答があるため、何方でも出来ます。

【問合せ先】

 団体名   特定非営利活動法人 居場所サポートクラブ ロベ
 
 住  所   〒300-2655 つくば市島名2298(諏訪C12街区9)
                   X-STAGEビル1階006号

 担当者   森 美智子
     
 電 話  029-886-9318
 
 HP   http://robeac.web.fc2.com
 
E-mail  afterschool.robe@gmail.com


◆子どものための救命教室・ボランティア募集
【活動内容】
年少〜小学校3年生までの子どもたちに、
「いのちとはなにか、生きているとはどういうことか」を考え、
救命の基礎を体験してもらう教室を行っているNPO法人です。

救命教室は年度内に4回開催(7月、10月、12月、3月の日曜日AM)、
つくば市中央消防署内にて行う予定です。
プログラムは1回完結型で、約20人の子どもたちが参加します。
総合ガイド1人が進行し、参加する子どもたちは小グループにわかれ、
それぞれに数名のボランティアの方にご担当いただきます。
ボランティアの方は、総合ガイドの進行に合わせて、
教材を子どもたちに渡したり、子どもたちに声をかけて進行を補助していただきます。

プログラム内容は、子どもたちの理解度に合わせて構成されていますので、
特段に専門的ではなく、医療の知識や経験のない方でも無理なくご参加いただけます。
ぜひ子どもたちと一緒にプログラムを楽しみ、
「大切ないのちを守りたい」と真剣に学ぶ子どもたちのサポートをお願いいたします!

【応募要件】 特になし
【応募方法】 HPもしくはE-mailからお問い合わせください
【募集期間・募集人数】随時

【問い合わせ】NPO法人子どものための救命教室
HP:https://sites.google.com/site/kidsemt/
E-mail:kids-emt@googlegroups.com


筑波メディカルセンターでは、地域に開かれた暖かい医療を提供するためにボランティアを募集しております。ボランティアとして週2時間程度をご協力ください。ご連絡お待ちしております。

続き... | 残り1272バイト | コメントする

介護老人保健施設プレミエール元気館では、入居者の方が楽しく快適に過ごせるように私達と一緒に支援をしていただけるボランティアを募集しています。
趣味や特技を入居者の方に披露してみませんか?

【日時】
 _弌遡斃貌 9:00〜12:00 
 土・日 午前中 
 水・日曜日以外 13:30〜15:00 
 せ慊蠅覆

【場所】 
 介護老人保健施設プレミエール元気館

【募集人数】
 多くの方にご協力いただきたいです

【内容】
 〕用者の方の布団、枕カバー、シーツの交換
 傾聴、囲碁、工作の指導など
 2里箟藾奸⇒戮蠹、入居者の方の前での披露
 せ楡濂崔鼎亮蠧れ

【申込・問合せ先】介護老人保健施設プレミエール元気館 (担当:渡邊・板倉)
〒305−0861 つくば市谷田部6107-1
TEL/029-838−1919 FAX/029-838−1988
HP http://www.ssv-tsukuba.jp/


> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare