◆平成29年度『認知症の人とともに暮らす地域づくりセミナー』参加者募集中!
(全社協 高年・障害福祉部)

 「若年性認知症の人と家族の暮らしを支える地域づくりの視点とは
 〜当事者と家族の地域生活を支えるために、求められる視点と支援のあり方〜」

 「認知症の人とともに暮らす地域づくり」をすすめるうえで、本人や家族の想い
に向き合い、寄り添う視点が重要です。そして、地域生活の継続を支えるために、
心理・医療、社会参加、就労、経済保障等あらゆる分野におけるインクルーシブな
支援の視点が必要になります。
 本セミナーは、若年性認知症の人と家族が住み慣れた地域で暮らし続けることが
できる地域づくりを考えるために必要な視点と、「支える」「支えられる」を固定
しない実践等からの学びを得て、また、関係者間での共有を図ることを目的に開催
します。

【主 催】社会福祉法人 全国社会福祉協議会
【日 時】平成30年2月16日(金)13:00〜17:00
【会 場】全国社会福祉協議会 会議室(東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル)
【定 員】80名
【参加対象】認知症の人と家族への支援活動の実践者、中間支援組織、社福法人・
      行政職員等
【参加費】3,000円
【申込締切】平成30年2月5日(月)※定員に達し次第募集を終了する場合があります。
【プログラム】
 ヾ霙換峙繊崘知症の人とともに暮らすまちづくりに必要な視点とは」
  認知症介護研究・研修東京センター 研修企画主幹 中村 考一 氏
 講演「『ともに、よりよく生きる』を考えよう 〜認知症の人の声〜 」
  NPO法人 認知症当事者の会事務局/のぞみメモリークリニック看護師 水谷佳子氏
 実践報告・ディスカッション
  〇 家族として、支援者(専門職)としての経験から
    東京都・八王子認知症家族サロン ケアラーズカフェわたぼうし
                    前運営者  新井 尚子氏
  〇 地域での活躍の場を創る・広げる取り組み
   (若年性認知症の人が子ども食堂のスタッフに)
    埼玉県・三芳町社会福祉協議会     主査  古賀 和美氏
  〇 地域における支援体制の構築をめざす専門職の役割と活動
    若年性認知症支援コーディネーター/愛知県若年性認知症総合支援センター
                      室長  山口 喜樹氏
【詳 細】全社協ホームページをご参照ください。
    (12月28日より開催要綱・参加申込書がダウンロード可能となります)
     http://www.shakyo.or.jp/
【問合せ先】全国社会福祉協議会 高年・障害福祉部
      .03-3581-6502 E-mail:z-konen@shakyo.or.jp


筑波メディカルセンターでは、地域に開かれた暖かい医療を提供するためにボランティアを募集しております。ボランティアとして週2時間程度をご協力ください。ご連絡お待ちしております。

続き... | 残り1272バイト | コメントする

> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare