公益財団法人みずほ教育福祉財団 第18回「配食用小型電気自動車寄贈事業」

応募内容
1. 寄贈内容
  助成内容:配食用小型電気自動車1 台
  事業規模:10台(10団体)(予定)

2. 配食用小型電気自動車「みずほ号」について
 トヨタ車体(株)製の車両(コムス B・COM デリバリー)をベースとした、一人乗り小型電気自動車(ミニカー)です。
 家庭用コンセント(100V)からの充電専用のため、特別な設備は必要としません。
 車両の仕様等は、別紙の通りです。車体には、「みずほ号」・「みずほ教育福祉財団寄贈」・「団体名」のロゴが入りま
す。
 寄贈後の車体のロゴの変更には、当財団の許可を要するものとします。

3. 助成対象
 以下の3つの条件を満たす団体。なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受け付けられません。
  高齢者を主な対象とし、原則として、1年以上継続して、週1回以上、調理・家庭への配食・友愛サービスを一貫して
   行っていること。
  法人(非営利活動法人、公益団体、出資持分のない医療法人、公益法人等)・任意団体を問わず、非営利の民間団
   体であること。ただし、実施している給配食サービスがすべて行政等からの受託である団体の場合は、当該部門の営
   業利益が黒字ではないこと。
  現在の活動を継続するにあたって、配食用の車両が不足しており、本寄贈によって運営の円滑化が見込まれるこ
   と。

4. 応募方法
  所定の申請書に必要事項を記入の上、都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会、あるいは全国食支援
  活動協力会のいずれかより推薦を受けて下さい。
  当財団宛て、推薦団体経由または直接、申請書類一式を送付して下さい。

5. 応募締切り
 令和2 年6月5日(金)(必着)

6. 申請書送付先
 〒100-0011
 東京都千代田区内幸町115
 公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
 TEL:0335964532
 FAX:0335963574
 E-mail:FJP36105@nifty.com

7. 問い合わせ、申請書請求先
  都道府県・指定都市社会福祉協議会、または市区町村社会福祉協議会
  一般社団法人 全国食支援活動協力会 事務局
   Tel:0354262547
   Fax:0354262548
   E-mail:infomow@mow.jp
  応募要領・申請書は、当財団のホームページから、PDF 形式でダウンロードできます。
    HP : http://www.mizuho-ewf.or.jp


みずほ教育福祉財団 第37回「老後を豊かにするボランティア活動資金助成事業」

1. 助成対象
地域において、助成の趣旨に沿った活動を行っている比較的小規模な任意参加のボランティアグループで、次の要件を満たすもの。なお、反社会的勢力、および反社会的勢力に関係すると認められるグループからの申請は受け付けられません。

 (1) 必要要件
   グループメンバー:10 人〜50 人程度。
   グループ結成以来の活動実績:2 年以上(令和2 年3月末時点)。
   本助成を過去3年以内(平成29 年度以降)に受けていないこと。
   規約(会則)、活動報告書類および会計報告書類が整備されており、規約(会則)に定めるグループ名義の金融機
    関口座を保有していること。

 (2) 対象外となるグループ
   法人格を有する団体(特定非営利活動法人など)およびその内部機関。
   老人クラブおよびその内部機関。
   自治会・町内会およびその内部機関。

2. 助成対象となる活動内容および使途(例)
  活動内容 使途(例)
   高齢者を対象とした生活支援サービス
   食事・清掃・友愛訪問等の生活を援助する活動や住宅補修・庭木の手入れ等の生活環境を改善する活動に必要な
   用具・機器等
   高齢者による、地域共生社会の実現につながる活動
   高齢者が中心となって行う、こども食堂、学習支援、地域清掃、緑地整備、パトロール等の地域共生社会の実現に
   つながる活動に必要な用具・機器等
   高齢者と他世代との交流を図る活動
   幼児・児童等との交流活動や地域の伝統文化を伝承する活動等に必要な用具・機器等
   レクリエーションを通じて高齢者の生活を豊かにする活動
   高齢者を対象としたレクリエーション活動に必要な運動用具・機器、楽器、遊具等

3. 助成対象となる用具・機器(※)
   活動において継続的に使用する用具・機器の購入費用に限ります。
    ただし、エアコン・テレビ・椅子・テーブル等、設備に類するものは除きます。
   運営経費(人件費、交通費、消耗品費)、研修経費(講師謝金、会場費)等は対象外です。
   助成決定通知の到着前に購入された用具・機器は対象外です。
  (※)助成決定通知で承認された用具・機器と異なる品目を購入することはできません。承認された品目と異なる物品
     を購入した場合は、助成金を全額返還していただきます。

4. 助成金額およびグループ数
 1 グループにつき10万円を上限に、希望内容を踏まえ、選考委員会にて用具・機器の品目および助成金額を決定します。助成は、計110グループ程度を予定しています。

5. 応募方法および期限
 所定の申請書に必要事項を記入の上、都道府県・指定都市または市区町村社会福祉協議会の推薦を受け、当財団に直接郵送願います。(※)
 (期 限) 令和2 年5月22日(金)(必着)
 (送付先) 〒100-0011 東京都千代田区内幸町115
       公益財団法人 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
    (※) 社会福祉協議会の推薦手続は時間を要する場合があります。推薦を依頼する社会福祉協議会には必ず事
        前に連絡を行い、十分な余裕をもって申請書の持込みをお願いします。

6. 応募要領・申請書
 応募要領・申請書は、当財団のホームページから、PDF形式でダウンロードできます。

7. 助成決定通知および助成金の振込
 当財団の選考委員会(7月開催予定)にて助成先、承認品目および助成金額を決定し、7月末までに各グループに選考結果を通知します。その後、助成先として決定したグループから振込口座届を提出していただき、9月上旬をめどに助成金を振込む予定です。
 (※) 7月末までに選考結果の通知が到着しない場合は、当財団まで直接お問合わせ下さい。
    提出いただいた書類は返却できません。また、選考内容に関するお問い合せに応じることはできません。

8. 問合せ先
 みずほ教育福祉財団 福祉事業部
 TEL: 0335964532
 FAX: 0335963574
 E-mail: FJP36105@nifty.com
HP : http://www.mizuho-ewf.or.jp


ニッセイ財団では、「共に生きる地域コミュニティづくり」を基本テーマに、高齢社会「地域福祉チャレンジ活動助成」を実施しています。

1 助成内容
  地域包括ケアシステムの展開、そして深化につながる5つのテーマのいずれかに該当する活動

【5つのテーマ】
(〇禹楡澆篳〇磧Σ雜遏κ欸髻Ε螢魯咼螢董璽轡腑鸚賁膺Δ斑楼莉嗣韻龍働によるインフォーマルなサービスづくりへ向けてのチャレンジ活動
認知症(若年性認知症を含む)の人、家族と地域住民がともに行う安心、安全に暮らせる地域づくりへ向けてのチャレンジ活動(本財団恒久分野)
人生の看取りまで含む生活支援*につながる実践へ向けてのチャレンジ活動 *日常生活支援、身元保証、死後対応等
す睥霖運伴圈家族介護者を含めた複合的な生活課題に対する(家族への)支援につながる実践へ向けてのチャレンジ活動
ス睥霄圈⊂磴い者、子ども等全世代交流型の活動・就労の機会提供、社会参加づくりへ向けてのチャレンジ活動

2 助成期間 
  2020年10月から2年

3 助成金額
  最大400万円(1年最大200万円)

4 助成予定団体数
  4団体程度

5 募集締切
  2020年5月31日(日) 消印有効

6 募集の概要
  ※ホームページの募集要項をご覧ください
   http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/kourei/02.html

【お問い合わせ・請求先】 
 〒541-0042  
 大阪市中央区今橋3丁目1番7号 日生今橋ビル4階
 日本生命財団 高齢社会助成 事務局
 TEL.06-6204-4013



> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare