地域の居場所の継続・発信助成(2019花王・ハートポケット倶楽部地域助成)
〜生きづらさを抱える市民の居場所を応援〜

【目的】
地域の居場所が継続し、そこに集まった課題当事者や家族の声が地域に発信されるように応援することで、社会の偏見や誤解、理解不足がなくなり、地域の居場所の持続可能性が高まるようにします。

【助成金額】
総額50万円(1件あたり25万円)

【助成対象となる活動】
_歛蠹事者が集い、悩みを共有する居場所の活動
居場所に集う市民などが抱える課題を調査し、社会に発信する活動(アンケート、実態調査報告書作成、報道各社へのプレス・リリース、学習会の開催など)
5鐓貊蠅鮖続可能にするための活動(会員や寄付募集のためのパンフレットや会報、ウェブサイトの作成など)
※,世韻任呂覆、△泙燭廊(もしくは両方)の要素を組み合わせるようにしてください。

【助成対象団体】
・茨城県内で継続的に活動に取り組む、情報発信に積極的な、民間の非営利活動団体。
・事務所所在地が茨城県内になくても、活動場所が県内であれば申請可能です。
・法人格の有無は問いません。
・政治(選挙に関わること)や宗教を主目的とする組織は対象としません。

【対象経費】
人件費や間接経費も含め、対象経費に制限はありません。ただし、助成期間終了後の活動持続可能性を考慮して、対象経費の配分も含め審査の対象となります。
※申請する特定の活動に対する助成であり、組織への包括的補助ではありません。

【申込方法】
以下の書類を申請窓口までeメールまたは郵送。
/柔曾顱淵曄璽爛據璽犬茲蟒饉阿ダウンロード
⇒住蚕
最新の事業報告書及び財務諸表
ど要に応じ、その他参考となる資料(団体パンフレットや会報、新聞記事など)

【申込締切】
令和元年8月25日(日)※当日消印有効

【申請窓口、お問合せ】
いばらき未来基金事務局(運営:認定NPO法人センター・コモンズ)
事務局長 大野 覚
〒310−0031
茨城県水戸市大工町1−2−3 トミスみとビル4階 みとしんビジネスセンター C−1
電話:029−300−4321
FAX:029−291−8991
eメール:office@ibaraki-mirai.org

※詳細はホームページをご覧ください


公益財団法人 洲崎福祉財団助成事業のご案内

(1)対象事業
 障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動。
 障害児・者に対する自助・自立の支援事業。
 助成決定以降、原則として令和元年12月1日から事業を開始し、令和2年5月31日(半年以内)までに完了する事業。

(2)対象者
 ・申請者は、原則として非営利法人で3年以上の活動実績があるもの。個人及び営利法人は除く。
 ※ただし、法人格がない場合でも当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある団体は対象。
 ・活動拠点(申請事業の実施場所)が関東1都6県(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬)にあるもの。
 ・難病患者及びその家族を支援している団体(患者会等)も対象。

(3)応募の対象外
 ・法人としての年間収益(収入)が2億円以上。
 ・定例化もしくはシリーズ企画などの事業。
 ・助成決定前に実施した事業。
 ・活動が政治、宗教、思想などの目的に偏る団体や事業。
 ・当財団の助成金受領から、1年間(2期)。

【助成金】
(1)助成金額
 半期1000万円予定
 1件(1団体)あたりの上限額200万円(下限額は10万円)。
 ※福祉向上のために極めて効果の大きい場合はこの限りではありません。
 ※より多くの団体に助成させていただくために審査の結果、申請金額の一部を減額させていただく場合があります。

(2)助成金の交付
 令和元年12月1日から令和2年5月31日
 
 対象となる経費は、助成事業の実施に「直接必要な経費」とし、経常的に発生する管理運営費(人件費、賃借料、光熱費ほか)は、対象外。

(3)受付期間
 令和元年7月1日〜令和元年8月31日(消印)

(4)申込書類の送付先
 〒103−0027 東京都中央区日本橋3丁目10番5号 オンワードパークビルディング
 公益財団法人 洲崎福祉財団 事務局宛
 電話番号 03−6870−2019 ファックス番号 03−6870−2016

※詳細はホームページをご覧ください


 1 応募課題
 々睥霄圈⊂磴い児者、子どもへの支援活動及びその他、社会的意義の高いボランティア活動
 ※平成28年度以降(第23回〜25回)の受贈団体は、応募資格がありません。

 地震・豪雨等による大規模自然災害の被災者支援活動
 ※過去の助成を受けた時期での応募制限はありません。
 ※大規模自然災害とは、「東日本大震災」「平成28年熊本地震」「平成29年7月九州北部豪雨」「大阪府北部地震」「平成30年7月豪雨」「北海道胆振東部地震」等

 2 応募資格
 ボランティア活動を行っているメンバーが5名以上で、かつ営利を目的としない団体
 (任意団体、NPO法人、財団法人、社団法人、大学のボランティアサークル等)
 ※活動実績は問いませんが、設立して間もない団体による応募は、助成対象期間の活動予定が決まっている団体に限ります。
 ※同時募集の「第2回子ども支援活動助成」との同時応募はできません。

 3 助成金額
 上限30万円(1団体あたり)
 総額4,500万円

 4 助成対象経費
 助成対象となる経費の項目は下記のとおりです。
 「謝金」「交通費・旅費」「備品」「消耗品費」「通信費」「会場費」「制作費」「その他」

 5 応募期間
 本年8月1日(木)〜9月15日(日)(当日消印有効)

 6 応募方法
 ―蠶蠅痢嵜柔曾顱廚鯏財団事務局宛にご郵送ください。
  ※申請書は、当財団のホームページからダウンロードできます。
 ⊃柔曾颪離灰圈爾蓮必ずお手元に保管しておいてください。
 お送りいただきました書類の返却はできませんのでご了承ください。
 
 (送付先)
 〒104−0031
 東京都中央区京橋1−2−1 大和八重洲ビル
 公益財団法人 大和証券福祉財団 事務局

 【問合せ先】
 TEL:03-5555-4640 FAX:03-5202-2014 Eメール: fukushi@daiwa.co.jp
 ホームページ http://www.daiwa-grp.jp/dsf/index.html

 ※詳細はホームページをご覧ください。


> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare