◆平成29年度進学者「給付奨学金」推薦期間の延長(8/4まで)のご案内
 (日本学生支援機構)

 経済的理由により進学が困難な生徒の大学等への進学を後押しするため、返還
の必要のない給付型奨学金を交付する制度が本年度よりスタートしました。
 平成30年度以降進学者を対象とする本格導入に先立ち、平成29年度は、特に経
済的に厳しい状況にある、私立自宅外生・児童養護施設等入所者(退所者)等を
対象に、月額2〜4万円の返還不要の奨学金の給付が先行実施されています。
 当初の推薦期間は既に終了したところですが、特に初年度となる平成 29 年度
進学(級)者に関して、給付奨学金を必要とする適格者を確実に支援する必要が
あることから、進学先(大学等)から支援機構への推薦期間が8月4日(金)まで
延長されました。
 要件に該当する生徒が漏れなく申請できるよう、関係者等への周知について、
ぜひご協力ください。制度の内容等詳細は、日本学生支援機構のホームページを
ご参照ください。
日本学生支援機構ホームページ
http://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/index.html

●募集対象者
 平成29年度に大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学した人、
及び高等専門学校3年次から4年次に進級した人であって、以下のア又はイのいず
れかに該当する人
ア.私立の大学等に自宅外から通学する住民税非課税世帯の人、
  又は生活保護受給世帯の人
イ.社会的養護を必要とする人(※1)
※1 社会的養護を必要とする人
18歳時点で児童養護施設、児童自立支援施設、情緒障害児短期治療施設(平成29
年4月〜「児童心理治療施設」に改称)、自立援助ホームに入所していた人、又は、
18歳時点で里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)委託者のもとで
養育されていた人
※2 平成29年3月末に高等学校等を卒業した人の他、高等学校を卒業後3年以内の人、
高卒認定試験合格者で合格後3年以内の人が申し込めます。


2017年度いばらき未来基金冠助成 花王・ハートポケット倶楽部「地域助成」、助成申請受付中です。

目 的
 地域のネットワーク形成や居場所づくりの支援といった非資金的伴走型の組織基盤強化支援とともに、以下に掲げるいばらき未来基金のテーマに沿った活動を助成し、地域課題の解決につなげます。

財 源
 花王グループ社員による社会的支援を目的とした「ハートポケット倶楽部」会員の皆様から、いばらき未来基金へのご寄付を原資として助成。

主 催
 花王・ハートポケット倶楽部、花王 株式会社

企画・運営
 いばらき未来基金事務局(運営:認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ)

申請窓口
問合わせ先
 いばらき未来基金事務局(特定非営利活動法人 茨城NPOセンター・コモンズ事務局)
 事務局長 大野 覚
 〒310-0022 茨城県水戸市梅香2-1-39 茨城県労働福祉会館2階
 TEL: 029-300-4321 FAX: 029-300-4320
 eメール:office@ibaraki-mirai.org HP:http://ibaraki-mirai.org


募集要項、申請書などは

こちらから ⇒ http://www.npocommons.org


◆赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金・九州」(ボラサポ・九州)
 第4次助成の応募受付を6月16日(金)より開始します。
 (社会福祉法人 中央共同募金会)


 熊本地震の被災地における支援活動には、ボランティアグループやNPOが大
きな役割を果たしています。こうした活動を資金面で支援するため、赤い羽根の
中央共同募金会では、「災害ボランティア・NPO活動サポート募金・九州」(ボ
ラサポ・九州)を運営しています。震災直後よりこれまでに、3回の助成を決定。
累計182件、総額3億2,952万円を助成しました。
 震災から一年を迎えた被災地では、「応急仮設住宅」並びに「みなし仮設住宅
(仮設住宅とみなされる民間の賃貸住宅)」での生活を余儀なくされている方々
は、今なお4万人を超えています。
 「ボラサポ・九州」では、被災した方々の継続的な見守りによる孤立防止の活
動等、生活の復興に向けた活動や、地域住民が主体的に、または外部の支援団体
が地域住民と協働し、計画的に息の長いコミュニティづくり等の復興支援活動を
行うことを期待し、6月16日(金)から第4次の応募受付を開始します。
 以下ご案内いたします。
●「ボラサポ・九州」第4次の応募受付について
・応募受付期間:2017年6月16日(金)〜27日(火)
・応募方法:原則として中央共同募金会のホームページにある「ボラサポ・九州」
 用の応募フォームから入力。ファクシミリ、電子メール、持参による応募は受け
 付けません。)
・助成対象期間:2017年4月1日〜2018年3月末
・助成対象団体:被災地をはじめ全国で「平成28年熊本地震」で被災された方々
 への救援・支援活動を現に行うボランティアグループ、NPO法人、社会福祉法
 人、学校法人、公益法人等であって、要項にある要件にあてはまる非営利団体を
 対象。
・助成決定時期:2017年9月末(予定)

詳しくは、ホームページをご覧ください。

〇最新の応募要項はこちらから
http://www.akaihane.or.jp/pdf/ouboyoukou4.pdf  

〇応募はこちらから
http://www.akaihane.or.jp/kumamoto/assistance.html


●お問合せ・くわしい資料:社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部
TEL:03-3581-3846(FAX:3581-5755)
kikin@c.akaihane.or.jp 
http://www.akaihane.or.jp


目的及び事業
・当会は社会福祉に関する諸活動に対して援助を行い、もってわが国社会福祉の向上に寄与することを目的とし、社会福祉に関する事業に対して助成を行います。

助成の対象
・当会の助成は、社会福祉に関する民間の事業を対象とします。尚、助成申込案件は次の要件を具備するものであることを要します。


(1) 助成対象

 〇業助成
原則として法人・団体であること。法人格をもたないものであっても、特に助成することにより効果が期待できる場合は対象とします。但し、個人および営利法人等は対象外とします。
※反社会的勢力および反社会的勢力に関係すると認められる団体からの申請は受付致しません。


(2) 助成対象案件並びに選考基準

 ‐磴い者の福祉向上案件、および難病案件、虐待防止案件を対象とする。

 ¬棲里粉覯茵別榲、内容、資金使途等)に基づく事業で具体的な計画を持つこと。

 推進体制が確立しており、自己資金の調達の努力をしていること。

 だ莇酖、開拓的事業を優先する。

 ソ成対象にならないもの
 ・過去3年間に松翁会から助成を受けた法人・団体からの申請

 ・研究助成

 ・法人・団体の管理運営維持に関する経費(日常業務にかかる人件費、家賃などの経常  資金、定例化したセミナーなどの開催費用等)

問合せ及び申請手続き
◆一般財団法人 松翁会
 〒100-0004東京都千代田区大手町1丁目5番5号 大手町タワー地下1階
 TEL 03-3201-3225 / ホームページ http://www.shouohkai.or.jp



> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare