投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-7-7 10:54:00 (14 ヒット)
地域福祉ニュース

寄付したい車両

車    種  三菱自動車製介護用リフト車両

登録年月日 平成15年12月登録

乗車定員   8名(うち、車いす1台)

車検満了日 平成29年12月23日

走行距離   119,600km

※オイル・エレメント交換済み 故障暦なし

◎土浦陸運支局で緑ナンバーから白ナンバーにナンバープレートの変更手続きが必要

変更に必要なもの
車検証(車検有効期限内のもの)、譲渡証明書、印鑑証明原本(3ヶ月以内のもの)
印紙代500円、ナンバープレート交換費用1,520円〜4,300円
譲渡相手によって、その他必要な書類あり。

◎始動時にエンジンがかかりずらい症状があったため、ブラッシング等修理済み。
 現在、ボディに会社名のシールを取り除いて清掃しているとこです。

・お問合せ先

 常南交通株式会社
 担当 西村
 つくば市榎戸433-2
 TEL029-828-6861 FAX029-828-6863


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-6-20 17:14:00 (34 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「司法福祉全国研究集会」のご案内
 (公益社団法人日本社会福祉士会)

「再犯の防止等の推進に関する法律」と社会福祉士の役割をテーマに
「司法福祉全国研究集会」を以下のとおり開催いたします。

【日 時】2017年9月30日(土)10:30〜17:00
【会 場】上智大学 四谷キャンパス 12号館 501号室
     (〒102−8554東京都千代田区紀尾井町7−1)
【参加対象】社会福祉士、弁護士、行政職員、社会福祉協議会職員、
      司法福祉関係者、関心がある方 等  立場を問わず。
【定 員】150名
【申込期日】8月21日(月)
【参加費】(1)都道府県社会福祉士会の会員:7,000円
     (2)会員以外:9,000円
【プログラム(予定)】
 行政報告 「再犯の防止等の推進に関する法律について」
 講師:調整中(法務省 大臣官房 秘書課)

 講演1「都道府県での取組(仮題)」
 講師:清水 義悳 氏
 (更生保護法人 清心寮 理事長
/認定特定非営利活動法人 全国就労支援事業者機構 参与)

 講演2「市町村の取組(仮題)」
 講師:泉 房穂 氏(明石市長/社会福祉士・弁護士)

 シンポジウム 「再犯の防止等の推進に関する法律」と社会福祉士の役割」
 コーディネーター:松友 了 氏
 (法務省 東京矯正管区 第二部 成人矯正調整官付矯正専門職/社会福祉士)
 シンポジスト:\郷紂ゝ宋棔〇瓠´∪堯)縞罅〇

【申込・問い合わせ先】
 (公社)日本社会福祉士会 事務局 http://www.jacsw.or.jp/
 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-13カタオカビル2階
 TEL:03-3355-6541 Fax:03-3355-6543
 nawata@jacsw.or.jp

 【申込書 ダウンロード先】 
  開催要項 http://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kensyu/honkai/files/
       017/senmon_0930_2.pdf
  申込書 http://www.jacsw.or.jp/ShogaiCenter/kensyu/honkai/senmon/
      index.html


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-6-20 17:12:00 (45 ヒット)
地域福祉ニュース

◆平成29年度 社会福祉法人広報強化セミナーのご案内
(全国社会福祉協議会 広報室)
全国社会福祉協議会では、社会福祉協議会や福祉施設などで広報活動を担当す
るリーダーなどを対象に、毎年広報強化セミナーを開催しています。
今回の社会福祉法人広報強化セミナーは、「存在意義を発信し、信頼・支持され
る事業所となるための広報活動」と題し、戦略的な広報活動はいかにあるべきか
との考察を通じ、地域福祉において中核的役割を担う社会福祉法人の存在意義を
高め、地域から選ばれる事業所となるための広報活動を学ぶことを目的に開催し
ます。
 社協と施設に分かれ、コース別で講義・演習を行います。
 また、同時開催で都道府県・指定都市社協の広報担当連絡会議を行います。

【主 催】社会福祉法人 全国社会福祉協議会
【日 時】平成29年9月11日(月)〜12日(火)
【会 場】全社協会議室(東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビル5階)
【対 象】都道府県・指定都市・市区町村社会福祉協議会、社会福祉法人
     ・福祉施設で広報活動を担当するリーダー等
【参加費】10,000円(旅費・宿泊費は別途)
【定 員】各コース60名または総定員100名
【締 切】8月28日(月) (各コース定員、総定員になり次第締め切り)
【その他】参加申込の際、事前アンケート(必須)をホームページよりダウンロー
     ドし、回答を記入のうえ全国社会福祉協議会政策企画部広報室宛にメ
     ールで提出。
【内 容】
1日目
○基調説明「社会福祉法人等制度改革と社会福祉の広報活動」
説明:全国社会福祉協議会政策企画部長 笹尾 勝
○コース別講義・演習
テーマ「社協、社会福祉法人・福祉施設のそれぞれの特性にそった広報活動の展開」
擬匐┸Πコース 講師:河井 孝仁氏(東海大学文学部広報メディア学科教授)
胸楡濘Πコース 講師:村井 祐一氏(田園調布学園大学社会福祉学科学科長/教授)
2日目
○コース別講義・演習
テーマ「地域における福祉課題の把握と支援展開における広報の役割」
擬匐┸Πコース 講師:河井 孝仁氏(東海大学文学部広報メディア学科教授)
胸楡濘Πコース 講師:村井 祐一氏(田園調布学園大学社会福祉学科学科長/教授)

研修の詳細や申込等については、下記URLより要綱をダウンロードし、ご確認ください。
http://www.shakyo.or.jp/news/20170531_koukokukyouka.pdf

【問合せ先】
セミナー内容に関する問合せ
全国社会福祉協議会政策企画部 広報室
TEL03-3581-7889 FAX03-3580-5721


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-6-7 9:09:00 (48 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「地域包括ケア全国実践研究集会」のご案内
  (公益社団法人日本社会福祉士会)

 今年度の地域包括ケア全国実践研究集会は、「地域共生社会を拓く地域包括ケ
アシステムとソーシャルワーク〜『受け止める』から『行動する』へ〜」をテー
マに以下にて開催いたします。先着順となっておりますので、お早めにお申込み
ください。

1.日時:2017年10月7日(土)10:30〜17:00
2.会場:上智大学 四谷キャンパス 6号館2階205号室
     (〒102−8554東京都千代田区紀尾井町7−1)
3.参加対象:地域包括支援センター職員、社会福祉協議会職員、行政職員、
       サービス提供事業所等の職員、その他全ての相談の関係者など
4.定員:180名
5.申込期日:8月25日(金)
6.参加費:(1)都道府県社会福祉士会の会員:9,000円
      (2)会員以外:12,000円
7.プログラム(予定)
●講演1「社会的結束を促す地域共生社会を創るソーシャルワーク」
 講師:睥彬禹匯瓠陛豕学芸大学 教授)
●講演2「地域共生社会を拓くソーシャルワーク(仮)」
 講師:島村聡氏(沖縄大学 准教授)
●シンポジウム
 「地域共生社会を目指して行動するソーシャルワーカー(仮)」
 コーディネーター:竹田匡氏(日本社会福祉士会理事/釧路町地域包括支援センター)
 コメンテーター:睥彬禹匯瓠陛豕学芸大学 教授)
 シンポジスト:仝融沺〕朶陝〇瓠兵匆駟〇稻/佑爐修Α親本福祉大学客員教授)
        ∋葦此|凌諭〇瓠兵匆駟〇稻/誉諜峅顱
        佐藤 正枝 氏(地域包括ケア推進委員会/
        (委託型)燕市分水地区地域包括支援センター管理者・介護支援専門員)
【申込み・問い合わせ先】
公益社団法人日本社会福祉士会 事務局
〒160−0004 東京都新宿区四谷1−13カタオカビル2階
TEL:03−3355−6541 FAX:03−3355−6543
担当:神園  kamizono@jacsw.or.jp


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-5-30 17:12:00 (45 ヒット)
地域福祉ニュース

介護保険法施行令等の一部改正により、平成29年8月1日から高額介護(予防)
サービス費の負担上限学の見直しが施行されるにあたり、見直し内容の詳細をリ
ーフレットに取りまとめました。下記のホームページからご自由にダウンロード
できますので、ぜひご活用ください。

【詳細】
「高額介護サービス費の基準が変わります(周知用リーフレット)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-5-30 17:10:00 (51 ヒット)
地域福祉ニュース

NHK障害福祉賞は、障害福祉への関心や理解を広めるため、障害のある人自身の体験記録や
障害児・者の教育・福祉の実践記録を募集しています。

【募集期間】 平成29年6月1日〜7月31日

【募集部門】以下の2部門で、文章による記録(作文)を募集
      第1部門:障害のある本人の部門
           学校や施設での生活、自立や就労への挑戦、自分の生きてきた道
           など、自身の体験の記録。
      第2部門:障害のある人とともに歩んでいる人の部門
           教師、福祉施設職員、ボランティア、友人、家族などからの教育
           ・指導実践、親子の成長の記録、交流など、共に生きてきた体験記。

【応募規定】著作を職業としていない方の自作の未発表作品/字数8,000字以内

【問合せ先】 社会福祉法人NHK厚生文化事業団 「障害福祉賞」係
.(03)3476-5955(平日10時〜18時)
https://www.npwo.or.jp/info/4152


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 11:26:28 (91 ヒット)

◆「平成29年度 介護職員実務者研修通信課程」6月開講コース申込受付中!
 (全社協 中央福祉学院)

中央福祉学院では、介護職員の人材育成と介護福祉士国家試験の受験資格取得
を支援するため、県・市社協と連携し、『介護職員実務者研修通信課程』を開講し
ています。
 現在、各スクーリング実施社協にて、平成29年度の受講生を募集しております。
職場でのご理解ご協力のもと、多くの方々の受講をお待ちしています。

【受講期間】
 ・訪問介護員養成研修(2級)修了者/介護職員初任者研修修了者
  2017年6月1日〜12月31日(7ヵ月間)
 ・訪問介護員養成研修(1級)修了者
  2017年7月1日〜12月31日(6ヵ月間)
 ※保有資格なし(4/1〜12/31)コースの募集は締め切りました。
【受 講 料】
 ・訪問介護員養成研修(2級)修了者、介護職員初任者研修修了者:130,000円
 ・訪問介護員養成研修(1級)修了者             : 90,000円
 ※テキスト代、税込
 ※クレジットカード決済による分割払いが利用できます。
【学習内容】
 ・自宅学習(11科目)※保有資格によって学習科目が異なります。
 ・スクーリング(介護過程(45時間)/医療的ケア演習)
 ※スクーリング実施県・市:岩手県、秋田県、福島県、埼玉県、神奈川県、
  川崎市、長野県、愛知県社協 滋賀県、大阪府、大阪市、奈良県、鳥取県、
  広島県、山口県     
【申込受付】ただいま申込受付中!
      ※申込締切りは各県・市社協により異なります。
       (岩手県、秋田県、滋賀県での募集は締め切りました。)
【その他】本研修課程は、教育訓練給付金制度の支給対象講座に指定されています。
     また、各都道府県が行う介護福祉士修学資金等貸付制度が利用できます。
     
【詳細・申込】詳細・申込については下記URLをご参照ください。
       http://www.gakuin.gr.jp/training/course2643.html
 
【問合せ先】
社会福祉法人全国社会福祉協議会 中央福祉学院
〒240-0197 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-44
TEL:046-858-1355  FAX:046-858-1356
中央福祉学院ホームページ http://www.gakuin.gr.jp/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 11:24:48 (68 ヒット)

◆「新しい地域支援事業に関する活動実践事例集〜住民主体の地域包括ケア
 をすすめる社協の取り組み〜」ぜひご活用ください
 (全社協 地域福祉部)

 介護保険制度における新しい地域支援事業については、社協として、これまで
の地域福祉活動や関係者とのネットワークを生かした積極的な取り組みが求めら
れており、生活支援体制整備事業を受託実施する地域も増えています。本事例集
では、生活支援コーディネーターを配置し協議体の運営等を始めた市町村社協及
び県域での支援を行っている県社協から事例を提供いただきました。
 取り組みの経緯や生活支援コーディネーター、協議体の活動内容、行政はじめ
関係者との連携、住民主体の生活支援サービスの拡充に向けた動きなど、具体的
な実践が紹介されていますので各地域での取り組みの参考にぜひご活用ください。

【体 裁】A4判、65頁
【価 格】1部 500円(税込・送料別)
【申 込】下記URLより申込書をダウンロードいただき、FAXにてお申込ください。
     https://www.zcwvc.net/

【問合せ先】
全国社会福祉協議会 地域福祉部
TEL:03-3581-4655 FAX:03-3581-7858


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 10:57:05 (213 ヒット)

◆第2回「サービス・ラーニング全国フォーラム2017」のご案内
 (サービス・ラーニングネットワーク)

 今年度のサービス・ラーニング全国フォーラムは、「地域と大学の協働の未来を描く」と
いうテーマで日本福祉大学東海キャンパスで開催します。日本福祉大学は文部科学省のCOC事
業としてサービス・ラーニングを全国展開されていらっしゃいます。同キャンパスは昨年4月
にオープンした、真新しいキャンパスで、フォーラムのプログラムにおいても、どのように
地域と関係を構築してきたのか、SLを全学展開するにあたり、カリキュラムの改訂など工夫
された点や課題として感じられている点もお伺いします。
 全大会ではこれに加えて、世界的にサービス・ラーニング実践・研究を牽引されている、
まさに老舗として知られているアメリカ・ポートランド州立大学でユニバシティ・スタディ
ーズ「キャップストーンプログラム」ご担当の先生、地域に根差して学び、地域とともに課
題解決を図るということを学部のコンセプトとされている高知大学の地域協働学部長からの
お話しもお聞きすることができ、大変贅沢な内容になっています。
 分科会では「トライアングル(学生・地域・大学の3者の視点による)・リフレクション」、
「アカデミック・プロッフェッショナル」という米国のアカデミック・プロフェッショナル
という職域の視点も入れた「コーディネーターの役割」について、「成長を評価する」をデ
ザインするというテーマでの大変充実した企画の準備が進められています。
 さらに、今回は特別企画(プレ・カンファレンス)として、SL関係者の間でも特に関心の
高い「評価」をテーマにしたセッション「評価とリフレクション手法を共有しよう」を企画
しています。

■主催:サービス・ラーニング・ネットワーク
■共催:日本福祉大学サービスラーニングセンター
■日時:2016 年5月20日(土)13:00〜17:40(情報交換会 18:00〜20:00)
  ※10:30〜12:00 特別企画プレカンファレンス「評価とリフレクション手法を共有しよう」
   を予定しております。
■会場:日本福祉大学東海キャンパス(愛知県東海市、名鉄名古屋駅から常滑線で17分
■アクセス:http://www.n-fukushi.ac.jp/campus/tokai/acsess.html
■申込方法:下記URLの受付フォームよりお申込みください。
 https://goo.gl/odkOAJ
■参加費:3,000円
■情報交換会費:3,000円、キャンパス内の学食にて (希望者のみ)
 ※ 参加費、情報交換会費(希望者のみ)は、当日受付でお納めください。
 ※ 情報交換会の当日キャンセルは固くお断り申し上げます。
■定員:60名(定員となり次第、締め切らせていただきます)
■申込締切:2017年5月14日(日)


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 10:56:05 (72 ヒット)

◆2017(平成29)年度社協・社会福祉施設職員会計実務講座 受講者募集のご案内
 (全社協 中央福祉学院)

 中央福祉学院では、社会福祉法人や社会福祉協議会を取り巻く今日的状況やその果たす
べき役割を理解するとともに、組織の経営強化に向けて、「社会福祉法人会計基準」に基
づく会計実務等に係る知識・技術を習得し、会計実務の向上を図ることを目的とした標記
講座を、8月に開講します。
 コースは、初級コース・中級コース(社協会計/施設会計)・上級コースを設定してお
り、受講される方の経験・習熟度に応じて選択できます。あわせて、初心者向けのオプシ
ョン研修会「会計入門研修会」も開講します。多くの方のお申込をお待ちしております。

主  催  全国社会福祉協議会・中央福祉学院
受講期間  平成29年8月1日〜平成30年1月31日(6ヵ月間)
      【通信授業と面接授業を実施】
受講対象  社会福祉協議会ならびに社会福祉法人立の社会福祉施設・事業所等の会計実
      務担当者・役職員等
      ※その他の公益法人等が経営する社会福祉施設・事業所等の役職員、行政職
       員等、「新社会福祉法人会計基準」に基づく会計実務を学習したい方の受
       講も可能
定  員  800名
受 講 料  36,000 円(テキスト・教材費、添削指導料、面接授業料含む)
申込期限  平成29年6月9日(金)(当日消印有効)
そ の 他  初心者向けのオプション研修会「会計入門研修会」を開催(受講料15,700円)
問合せ先  全国社会福祉協議会・中央福祉学院 会計実務講座係
TEL 046-858-1355(平日9:30〜17:30)FAX 046-858-1356

【受講案内・申込書のダウンロードはこちら】
http://www.gakuin.gr.jp/training/course307.html


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 10:55:02 (71 ヒット)

◆2017(平成29)年度社会福祉主事資格認定通信課程(民間社会福祉事業職員課程)
 秋期コース 受講者募集のご案内
 (全社協 中央福祉学院)

全社協・中央福祉学院では、標記通信課程の平成29年度秋期コース受講者を募
集中です。「社会福祉主事」は、福祉事務所の現業員や査察指導員等に必要とさ
れる任用資格ですが、民間社会福祉事業の多くの現場においても、基礎的な資格
として準用され、広く取得されています。社協職員の方にも毎年受講いただいて
います。
 本通信課程修了後は、所定の相談援助業務に2年以上従事すると、社会福祉士通
信課程短期養成施設への入学資格を得ることができます。本学院でも社会福祉士
短期養成コースを実施していますので、社会福祉士資格取得をめざす方はさらな
るキャリアアップを見据えた継続的な学習を計画いただけます。
 社会福祉主事任用資格の取得は社会福祉専門職のキャリアづくりの第一歩です。
多くの方のご受講を心よりお待ちしています。


【受講期間】2017(平成29)年10月〜2018(平成30)年9月
【内  容】ー宅学習による答案作成(16科目、年4回提出)
      ▲蹈侫ス湘南で開催する面接授業(5日間)
      修了テスト
     
【受 講 料】87,400円
(テキスト・教材費、面接授業料、添削指導料を含む。消費税込額)
      ※面接授業時の交通費・宿泊費等は別途ご負担ください。
      
【受講資格】以下の 銑の要件をすべて満たしていること
      ー匆駟〇禹業(社会福祉法に基づく第1種・第2種社会福祉事業の届
       出をした施設・事業所、あるいは介護保険法に基づく介護保険事業
       者の指定を受けた施設・事業所に従事していること
      ⊆講期間中、お申し込みの時の所属法人に勤務していること
      6般海畔孫圓靴銅講することについて所属長の承認が得られる

【申込締切】2017(平成29)年6月30日(金)【当日消印有効】
      ※定員に達した場合は、募集を打ち切ることがあります
      
【申込方法】「受講案内・申込書」は、中央福祉学院ホームページ
      (http://www.gakuin.gr.jp/)よりダウンロードまたは、
      下記問い合わせ先までご請求ください。
      お申し込みの際には、所属長名のご記入および所属長公印を押印のうえ
      郵送にてお申し込みください。

【問合せ先】
社会福祉法人全国社会福祉協議会 中央福祉学院
〒240-0197 神奈川県三浦郡葉山町上山口1560-44
TEL:046-858-1355  FAX:046-858-1356
中央福祉学院ホームページ http://www.gakuin.gr.jp/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 10:53:24 (68 ヒット)

◆「ボランティア全国フォーラム2017」開催にむけてfacebookを開設しました。
 (全社協 全国ボランティア・市民活動振興センター)

今年度(平成29年度)、ボランティア全国フォーラム2017は、
備後圏域(広島県福山市、尾道市、三原市、府中市、神石高原町、
世羅町、岡山県笠原市、井原市)にて開催いたします。

開催に先立ち、大会の内容や備後圏域の魅力などの情報をFacebookで発信していきます。
ご参加をご検討いただくとともに、是非ご覧ください。

■開催日:2017年(平成29年)11月18日(土)〜19日(日)
■メイン会場:福山ニューキャッスルホテル(広島県福山市三之丸町8−16)
■ボランティア全国フォーラム2017 facebook URL
https://www.facebook.com/ボランティア全国フォーラム2017-1176439339131248/ 


> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare