投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2018-1-10 8:48:00 (8 ヒット)
地域福祉ニュース

◆平成29年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)
 【新たな「共生型サービス」とは 〜背景・目的、参入のポイント】のご案内
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))

 平成29年度老人保健健康増進等事業(老人保健事業推進費等補助金)「共生型サービスに係る普及・啓発事業」の一環で、下記の日時でシンポジウムを開催いたします。

福岡会場:2018年1月25日(木)13:15〜16:30
大阪会場:2018年2月14日(水)13:15〜16:30
東京会場:2018年3月5日(月)13:15〜16:30

※対象者
介護保険サービス事業者、障害児・者福祉サービス事業者、自治体所管課担当者、当事者・支援者団体、一般市民、研究者等

※プログラムの詳細や申込方法等は以下のURLをご覧ください。
http://www.murc.jp/sp/1712/kyoseigata/t_180125.pdf
 申込み専用URL
 http://www.murc.jp/sp/1712/kyoseigata/form.html

※問合せ先
三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 政策研究事業本部 共生社会室
「共生型サービスに係る普及・啓発事業」事務局
Tel:03-6733-3791(月〜金の営業日 10:00-17:00)
e-mail:kyoseigata@murc.jp


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2018-1-4 15:00:00 (16 ヒット)
地域福祉ニュース

「全国ボランティアコーディネーター研究集会(JVCC)2018信州
  ここがミソ!そばもコーディネーションも『つなぎ』がかんじん」開催のご案内
(認定特定非営利活動法人 日本ボランティアコーディネーター協会)

 今年もこの季節がやってきました! 
年1回開催している市民の社会参加を支えるコーディネーターたちが全国から集ま
って語り、学び、交流し合う研究集会。今回は<信州>でその種を仕込み、その企
画をじっくり熟成させてきました。
年度末のスペシャルな参加型イベントにどうぞお越しください!!

【期 日】2018年3月3日(土)・4日(日)
【会 場】JA長野県ビル・アクティーホール、もんぜんぷら座など
【定 員】250人
【内 容】専用のWEBサイトをご覧ください!→https://jvcc2018.jimdo.com/
【参加費】一般12,000円(WEB早割1,000円あり)
【締 切】2018年2月2日(金) ※WEB早割は1月26日まで
【主 催】全国ボランティアコーディネーター研究集会2018実行委員会
     日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)

<現地事務局>
 全国ボランティアコーディネーター研究集会(JVCC)2018信州
 実行委員会事務局(特定非営利活動法人長野県NPOセンター内)
 長野県長野市大字高田1029−1
 TEL026-269-0015  FAX026-269-0016
<東京事務局>
 認定特定非営利活動法人
 日本ボランティアコーディネーター協会(JVCA)
 東京都新宿区神楽坂2-13 末よしビル別館30D
 TEL:03-5225-1545  FAX:03-5225-1563 E-mail:jvca@jvca2001.org  


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2018-1-4 14:59:00 (23 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2018 〜つながりをずっと
 出会いをもっと〜」開催のご案内 (東京ボランティア・市民活動センター)

「市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO」は、私たちの暮らしに関わる
さまざまな社会課題に焦点をあて、それを共有し、私たち市民にできることを考え
ていくためのイベントです。
 暮らしの中でふと感じる疑問や違和感、言葉にできない想いを他の人と共有して
みませんか? 新たな一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。
 私たちの一歩が、誰もが暮らしやすい社会につながることを願い、参加者のみな
さんと一緒に、今できることを考えていきたいと思います。

※各分科会の詳細はホームページをご覧ください。
ボランタリーフォーラムホームページ:https://www.tvac.or.jp/special/vf2018/

【日 時】2018年2月9日(金)〜11日(日) 
     ※1分科会のみの参加も可能です。
【会 場】飯田橋セントラルプラザ ほか
     アクセス https://www.tvac.or.jp/special/vf2018/access
【参加費】2,000円(1プログラムのみ参加の場合は1,000円)
  ※学割あり
【申込方法】
(1)ボランタリーフォーラムホームページ「申し込みフォーム」からのお申込み
https://www.tvac.or.jp/special/vf2018/
 (2)FAXまたは郵送でのお申込み
   http://www.tvac.or.jp/download/2d8980d31a.pdf
【主 催】東京ボランティア・市民活動センター
【企 画】運営市民社会をつくるボランタリーフォーラムTOKYO2018実行委員会
【後 援】東京都
【お問合せ・お申込み先】
 東京ボランティア・市民活動センター フォーラム担当
 〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1-1
 TEL:03-3235-1171  FAX:03-3235-0050 URL:http://www.tvac.or.jp/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-12-20 10:53:00 (19 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「全国権利擁護支援ネットワーク 第9回 全国フォーラム」のお知らせ
(全国権利擁護支援ネットワーク)

 下記のとおり、「全国権利擁護支援ネットワーク 第9回 全国フォーラム」を開催いたします。
【日 時】2018年2月10日(土)13:30〜17:00
          11日(日) 9:30〜12:00
【会 場】大田区産業プラザ
【参加費】正会員  5,000円(1日のみ3,000円)
     賛助会員 6,000円(1日のみ4,000円)
     一般   8,000円(1日のみ5,000円)
【定 員】200名
【プログラム】
 −1日目−
 鼎談「成年後見制度の利用促進に向けて」
  須田 俊孝さん(内閣府成年後見制度利用促進担当室参事官)
  西岡 慶記さん(最高裁判所事務総局家庭局付(裁判官))
  佐藤 彰一さん(國學院大學教授・弁護士・全国権利擁護支援ネットワーク代表)
 パネルディスカッション「地域連携ネットワークの創設・運営の在り方」
  岡本 一美さん(NPO法人地域福祉サポートちた前代表)
  「0〜100歳までの地域包括ケア」の視点から
  後藤 真一郎さん(厚生労働省社会・援護局地域福祉課地域福祉専門官)
  「我が事・丸ごと地域共生社会」の視点から
  谷本 憲子さん(瀬戸内市役所保健福祉部長)
  「権利擁護支援のネットワーク構築」の視点から
  コメンテーター:平野 隆之さん(日本福祉大学教授)
 −2日目―
 パネルディスカッション「生活困窮者と日常生活自立支援事業の活用」
  平野 隆之さん(日本福祉大学教授)
  山口 浩次さん(大津市社会福祉協議会、認定NPO法人あさがお副理事長)
  菊地 英人さん(厚生労働省社会・援護局
         生活困窮者自立支援室生活困窮者対策官)
 アドヴォカシー・オブ・ザイヤ―(AOY)授賞式


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-12-20 9:12:00 (132 ヒット)
地域福祉ニュース

◆ボランティアフェスタinつくば〜知って欲しい,明日のために〜
開催の御案内

 つくば市内ボランティアグループの多様な活動の紹介や発表を通じて,市民へのボランティア活動に対する意識の高揚と参加団体相互の交流・連携を図ります。毎年多くの来場者に来ていただき,ボランティアの育成支援の場としています。

【主 催】
 ボランティアフェスタinつくば実行委員会
 社会福祉法人つくば市社会福祉協議会
【共 催】
 つくば市
【協 力】
 つくば市ボランティア連絡協議会
 イーアスつくば
【期 日
 平成30年1月20日(土)11時から16時まで
【会 場】
 イーアスつくば(研究学園5丁目19番地)
【内 容】
 会場である「イーアスつくば」の特性を活かし,ボランティアのPR活動に注力したアトラクションを実施する。
(1)ボランティア団体によるバザー及び活動展示コーナー
(2)一般向けボランティア体験コーナー
(3)ボランティア活動ステージ発表
(4)ボランティアシールラリー
(5)ボランティア総合案内及び総合相談コーナー
【事務局】
社会福祉法人つくば市社会福祉協議会 
つくばボランティアセンター(担当/河原井)
 〒300−3257 茨城県つくば市筑穂1−10−4
 TEL.029−879−5898 FAX.029−879−5501


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-12-20 8:48:00 (27 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「ひきこもり つながる・かんがえる対話交流会」のお知らせ
(特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会)

 NPO法人KHJ全国ひきこもり家族連合会では、ひきこもり、つながる・かんがえる対話交流会を開催いたします。「つな・かん」は、地域でひきこもりについて考えている人同士がつながっていく場です。
 偏見や排除のない多様な生き方、これからの社会の在り方を語り合える場です。
立場を超えた対等な関係で、参加者同士が知り合い、考えや思いを分かち合える場です。
「つな・かん」は、対話を通して、新しいアイデアに共鳴した人同士がつながりを育み、アクションを模索していきます。
 今、目の前の人と語る場が少ない当事者や家族の方、どういう支援をしていけばいいか悩んでいる支援者の方、人と人がつながりやすい社会の在り方に関心がある方、何か始めたいと思っている方、「つな・かん」は、対話を通して、新しいアイデアに共鳴した人同士がつながりを育み、アクションを模索していきます。
 是非、ご参加をお待ちしています。

【交流会の日時と会場】
〜1月〜
 20日(土)千葉県千葉市 千葉市民会館3F特別会議室2
 21日(日)山口県山口市 山口県健康づくりセンター第2研修室
 28日(日)香川県高松市 香川県社会福祉総合会館7F中会議室
 
【参加料】1,000円 ※当事者・経験者は無料です

【申し込み方法】
 下記項目をご記入のうえ、KHJ本部事務局info@khj-h.comまでメールかFAXで、
 事前にお申し込み下さい。
 〇疚勝Δ佞蠅な⊇蚕雖O⇒蹐亮茲譴訶渡暖峭罩ぅ瓠璽襯▲疋譽広イ立場 参加理由
 ※当日参加も可能です。

【問い合わせ先】
 特定非営利活動法人 KHJ全国ひきこもり家族会連合会 本部事務局
 電話:03-5944-5250(月- 金10:00-19:00) FAX:03-5944-5290 
 メール:taiwa@khj-h.com
※詳細:ホームページhttp://taiwa6.wixsite.com/khj-taiwa


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-12-6 17:37:00 (25 ヒット)
地域福祉ニュース

◆ファンドレイジングの成功事例満載「ファンドレイジング・日本 2018」のご案内
(日本ファンドレイジング協会)

 国内外の第一線で活躍するファンドレイザー130人が、ファンドレイジングの最新事例や世界各国の取り組みを紹介する「ファンドレイジング・日本 2018」は、12月20日まで5000円お得な早割期間となっています。
是非、この機会にお申込ください。

 ----------------------------------------------------
 『ファンドレイジング・日本 2018  共感型ブレイクスルー』
 【日 時】2018年3月17日(土)・18日(日)
 【会 場】駒澤大学 駒沢キャンパス
  URL:http://jfra.jp/frj/
 -----------------------------------------------------

 国際協力の舞台で活躍する大手の団体の事例から、地域密着型の事例まで、様々
な団体の成功事例からファンドレイジングの成功の秘訣を探るほか、クラウドファ
ンディングから遺贈寄付、社会的インパクト評価/投資、企業CSVの事例まで、
多様なテーマのセッションが全70。
2日間を通じて、全国で仲間ができる企画も充実しています。
休憩時間さえも楽しみがいっぱいのFRJ2018に是非、お越しください。

【『ファンドレイジング・日本 2018 (FRJ2018)』の魅力】
【ポイント1、 会場でしか味わえない「共感」のエネルギーを体感してください】
9回目の開催となるFRJ2018のテーマは、『共感型ブレイクスルー』。
FRJ2018が、「事例紹介」や「交流機会」を提供するイベントにとどまらないのは
そこが総勢1,400人の参加者・講師・協賛企業・ボランティアが生み出す「共感」が
集う空間だからです。
失敗をも笑い飛ばし、仲間へのエールへと変えていくファンドレイザーたちのエネル
ギーは 必ずや新たな気づきや勇気を私たちに与えてくれます!
【ポイント2、 早割・会員割でお得に参加!】
12/20(水)までにお申し込みいただくと、早割の適用により参加費が5,000円
お安くなります。
さらに、当協会の会員(年会費12,000円)にお申し込みいただきますと
ますますお得な会員価格(9,000円引き)でご参加いただけます。
【ポイント3、 初参加でもFRJ2018を満喫できる企画満載!】
大会前夜(3/16)に行われる「ファーストカマーオリエンテーション」や
大会参加経験者によるバディプログラムなど、初参加の方でも
安心してご参加いただけるサポートをご用意しています。

※詳しくは、以下をご覧ください
 http://jfra.jp/frj/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-12-6 17:32:00 (26 ヒット)
地域福祉ニュース

◆「第13回権利擁護・虐待防止セミナー」開催のお知らせ
(全社協 政策企画部)

 テーマ:地域共生社会の実現と権利擁護の推進 〜社会福祉制度改革の動向と地域における福祉・生活課題への取組〜

 少子高齢化、人口減少社会での持続可能な社会保障を再構築しようと、全世代対応型の社会保障・福祉制度への方向性が提起されており、平成30年度は各福祉諸制度改革が動いていきます。
そうした動向のなかで、とくに個別支援を必要とする人びとの権利擁護と福祉・生活課題の解決のためには、こうした福祉基盤体制とかかる生活支援等の専門福祉人材の確保が急務となります。
そのためには、社会福祉協議会、社会福祉法人・施設が主体となって、地域社会の社会資源を活かしつつ連携・協働をはかっていかなければなりません。
本セミナーは、福祉に携わる幅広い関係者・機関組織が地域のなかでいかに連携・協働をはかり、地域の実情に応じた包括的な権利擁護と支援活動を促進していくべきか考察することを目的として開催します。

【主 催】社会福祉法人 全国社会福祉協議会
【日 時】平成30年2月13日(火)10時10分〜17時
【会 場】全社協・灘尾ホール(東京都千代田区霞が関3-3-2新霞が関ビルLB階)
【対 象】社会福祉協議会(日常生活自立支援事業、成年後見センター、生活困
     窮者支援事業関係部所)、地域包括支援センター、社会福祉法人・
     施設、民生委員・児童委員、市区町村、都道府県等
【参加費】10,000円
     ※権利擁護や虐待防止の動向や課題を掲載した『権利擁護・虐待防止
     2018』を当日配布します。
【定 員】200名
【締 切】平成30年1月30日(火)(定員になり次第締め切り)
【内 容】
  講演機 崔楼茲砲ける高齢者の福祉と権利擁護〜支える地域を創る〜」
   川崎幸クリニック院長/認知症の人と家族の会 副代表 杉山 孝博 氏
  講演供 屬海譴らの障害者福祉と共生社会の実現」
   毎日新聞論説委員 野澤 和弘 氏

 シンポジウム「包括的な権利擁護と生活支援の取組に資する連携・協働に向けて」
 シンポジスト:
 1.「地方における福祉・生活課題と生活困窮者支援を通じた地域づくり(仮題)」
  岩手県社会福祉協議会 事務局次長/地域福祉企画部長 右京 昌久 氏
 2.「都市圏における包括支援体制と権利擁護体制の構築(仮題)」
  堺市社会福祉協議会 生活支援課 権利擁護支援係 主査 崎山 由紀子 氏
 3.「障害者の自立と地域生活を支える専門職の役割と連携・協働(仮題)」
  西宮市社会福祉協議会 常務理事 清水 明彦 氏
 4.「母子生活支援施設の特性を活かした地域支援と他機関との連携・協働(仮題)」
  社会福祉法人 みおつくし福祉会 東さくら園 施設長 廣瀬 みどり 氏
 5.「地域のニーズに添った総合相談支援と中間的就労支援(仮題)」
  社会福祉法人 村山苑 法人企画課長 吉成 晋二 氏
 コーディネーター:首都大学東京 都市教養学部 教授 岡部 卓 氏

 開催要綱や申込書等については、下記URLをご参照ください。
 http://www.shakyo.or.jp/news/20171130_seminar.pdf

【問合せ先】
 全国社会福祉協議会政策企画部 広報室
 TEL03-3581-7889 FAX03-3580-5721


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 11:24:48 (194 ヒット)

◆「新しい地域支援事業に関する活動実践事例集〜住民主体の地域包括ケア
 をすすめる社協の取り組み〜」ぜひご活用ください
 (全社協 地域福祉部)

 介護保険制度における新しい地域支援事業については、社協として、これまで
の地域福祉活動や関係者とのネットワークを生かした積極的な取り組みが求めら
れており、生活支援体制整備事業を受託実施する地域も増えています。本事例集
では、生活支援コーディネーターを配置し協議体の運営等を始めた市町村社協及
び県域での支援を行っている県社協から事例を提供いただきました。
 取り組みの経緯や生活支援コーディネーター、協議体の活動内容、行政はじめ
関係者との連携、住民主体の生活支援サービスの拡充に向けた動きなど、具体的
な実践が紹介されていますので各地域での取り組みの参考にぜひご活用ください。

【体 裁】A4判、65頁
【価 格】1部 500円(税込・送料別)
【申 込】下記URLより申込書をダウンロードいただき、FAXにてお申込ください。
     https://www.zcwvc.net/

【問合せ先】
全国社会福祉協議会 地域福祉部
TEL:03-3581-4655 FAX:03-3581-7858


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2017-4-28 10:53:24 (151 ヒット)

◆「ボランティア全国フォーラム2017」開催にむけてfacebookを開設しました。
 (全社協 全国ボランティア・市民活動振興センター)

今年度(平成29年度)、ボランティア全国フォーラム2017は、
備後圏域(広島県福山市、尾道市、三原市、府中市、神石高原町、
世羅町、岡山県笠原市、井原市)にて開催いたします。

開催に先立ち、大会の内容や備後圏域の魅力などの情報をFacebookで発信していきます。
ご参加をご検討いただくとともに、是非ご覧ください。

■開催日:2017年(平成29年)11月18日(土)〜19日(日)
■メイン会場:福山ニューキャッスルホテル(広島県福山市三之丸町8−16)
■ボランティア全国フォーラム2017 facebook URL
https://www.facebook.com/ボランティア全国フォーラム2017-1176439339131248/ 


> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare