投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-11-9 10:23:00 (19 ヒット)
災害ボランティア情報

 各地の災害ボランティアセンターの運営を都県社協とともに支援している、支援P(災害ボランティア活動支援プロジェクト会議)では、各地から被災地へのボランティアバスの運行、また災害ボランティアセンターの最寄駅からセンターまでの送迎バス実施状況を一覧にまとめ、情報提供を行っています。

※詳細はこちらをご覧ください。


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-11-8 8:31:00 (628 ヒット)
災害ボランティア情報

台風第19号は、台風本体の発達した雨雲や台風周辺の湿った空気の影響で、静岡県や関東甲信地方、東北地方を中心に広い範囲に記録的な大雨をもたらしました。
これにより、河川の氾濫や土砂災害等の甚大な被害が各地で発生しています。

茨城県内でも災害ボランティアセンターが立ち上がっています。
ボランティア活動を希望されている方は、必ず事前に被災地の災害ボランティアセンターの情報をご確認ください。

常陸大宮市災害ボランティアセンター
・募集範囲 : 県内、県外問わず
・ボランティア受付場所 : 大宮コミセンの裏(常陸大宮市北町413)
・活動内容 : 自宅・敷地内の片付けや、土砂だし等
・ 0295−53−1125
 http://www.hitachiomiya-shakyo.jp/news.php?category=0&code=167

大子町災害ボランティアセンター
・募集範囲 : 大子町他、近隣市町村在住の方
・ボランティア受付場所 : 大子町文化福祉会館「まいん」内(大子町大子722-1)
・活動内容 : 自宅・敷地内の片付けや、土砂だし等
・筺。娃横坑機檻沓押檻横娃娃
  http://www.daigo-syakyo.jp/

水戸市災害ボランティアセンター
・募集範囲 : 県内、県外問わず
・ボランティア受付場所 : 水戸市老人福祉センター長者山荘(水戸市渡里町3201-3)
・活動内容 : 自宅・敷地内の片付けや、土砂だし等
・筺。娃毅亜檻械僑苅粥檻坑横毅
  http://www.mito-syakyo.or.jp/topics/2272.html


【11月8日(金)をもって閉所】
ひたちなか市災害ボランティアセンター
https://www.hitachinaka-syakyo.or.jp/
常陸太田市災害ボランティアセンター
http://www.ho-shakyo.jp/

《参考》
■内閣府 防災情報のページ  http://www.bousai.go.jp/
■茨城県ホームページ  http://www.pref.ibaraki.jp/index.html


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-11-1 9:56:00 (32 ヒット)
災害ボランティア情報

災害ボラサポ・台風19号 助成応募受付開始

 中央共同募金会では、令和元年10月12日より13日にかけて北上した台風19号による被災地で活動するボランティアグループ、NPO等を支えるため、「災害ボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ・台風19号)」を実施しています。
 このたび、個人や企業のみなさまからのご寄付をもとに、第1回助成事業の応募を受付ますのでお知らせいたします。1団体あたりの助成上限額は50万円で、複数件によるご応募は可能です。

【助成対象】
(1)対象団体
 台風19号に伴う災害で、令和元年10月12日以降に、被災された方々への救援・復旧のための支援活動を行うボランティアグループ、 特定非営利活動法人(以下、NPO法人、社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等であって、次の要件にあてはまる非営利団体。

・ 支援活動の実態があり第三者から活動の実態が裏付けられること。
・ 団体が、その活動・事業から生じる利益を構成員に分配しないこと。
・ 5名以上で構成されていること。
・ 災害ボラサポ・台風19号に応募することについて組織としての合意・決定が行なわれ ていること。
・ 助成を受けて行った事業について、中央共同募金会ホームページでの公表が可能なこと。
・ 団体の目的や活動が、特定の政治・宗教に関わりがないこと。
・ 市民社会の秩序または安全に脅威を与える反社会的勢力と関わりがないこと。

(2)助成対象活動及び助成対象プログラム
 台風19号に伴う災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般とします。
令和元年10月12日以降の活動を対象とし、助成決定時には活動を開始していることを要件とします。既に終了した活動であってもさかのぼって応募することも可能です。

 <短期活動>
  ◆活動日数:30日以内の活動
  ◆応募額:50万円以内
  ※なお、今回は複数件の応募を可能とします。ただし、運営・審査委員会の審査により、応募した全ての事業が採用さ
    れるとは限りません。
  ※「災害ボラサポ・台風15号」の応募をしている場合には、応募をした活動との経費の切り分けが行われていれば、
    本助成事業の応募は可能です。

 <プログラム種別>
 第1回助成事業では、以下の内容の活動を対象とします。
 ゞ杁浹澑膤萋
 災害発生直後の混乱から被災者が避難先を確保し、復旧作業の基盤が整うまでの時期に行われる緊急救援的な活動。
 ∪験荵抉膤萋
 住家被害のあった被災者が、家屋を補修しながら日常生活へと移行し、地域では障がい、疾病、コミュニケーションなど特別なニーズがある方々に対する支援活動が進められる時期に行われる活動。

【助成対象費用】
 台風19号に伴う災害で被災された方々を支援するボランティア活動にかかわる次の費用で、他の団体等から助成を受けていない費用を対象とします。
 ただし、他の団体等から助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募を可能とします。対象費用は以下の3つです。
 ヽ萋阿僕廚垢詒駘
 拠点設置費
 N紅

【 応募方法】
 中央共同募金会のホームページの応募フォームよりご応募ください。事前に応募要項をご確認いただき、ご応募いただきますようお願いいたします。
 ファクシミリ、電子メール、持参による応募は受け付けません。下記の留意点に沿って応募してください。ホームページからの応募ができない場合のみ、郵送での応募を認めます。

中央募金会ホームページ

【締切】
 令和元年11月25日(月)必着

【送付・問合せ先】
 社会福祉法人中央共同募金会基金事業部(「災害ボラサポ・ 台風19号」担当)
 住所 〒100−0013 東京都千代田区霞が関 3−3−2 新霞が関ビル5階
 E-mail  support@c.akaihane.or.jp
 電話 03−3501−9112 (災害ボラサポ専用ダイヤル)
 受付時間 9:30 〜12:00 、13:00〜17:30 月〜金曜日(祝祭日をのぞく)


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-10-29 14:06:00 (23 ヒット)
災害ボランティア情報

災害義援金情報

 全国各地の災害で犠牲となられた方々に対しまして、謹んで哀悼の意を表しますとともに、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。  
 台風19号災害義援金及び台風15号等の災害義援金も募集中です。

※詳細はつくば市社会福祉協議会ホームページをご覧ください。


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-10-23 15:33:00 (155 ヒット)
災害ボランティア情報

令和元年台風第19号により被災した県内の被災地を支援するために使用する車両に対して、下記のとおり、高速道路の通行料金を無料化する措置を講じております。
都道府県や市町村の受付窓口に申請書類を提出し、「災害派遣等従事車両証明書」の交付を受けることで、対象車両は高速道路の無料化措置を受けることができます。

【期 間】
 令和元年10月15日(火曜日)から令和元年12月31日(火曜日)

【ボランティア車両証明書による無料化(簡素化された新しい手続き)】
 災害ボランティア活動に使用する車両については、令和元年7月より高速道路の無料化に係る手続きが簡素化されました。ボランティアを行う方が御自身で「ボランティア車両証明書」を取得し必要事項を記入することで、高速道路の無料化措置を受けることができます。
 簡素化された手続きでは、都道府県や市町村の窓口で申請する必要がなくなり、片道ごとに複数の災害派遣等従事車両証明書を用意する必要もありません。

◆ボランティア車両証明書は各高速道路会社のホームページ等から印刷できます。
  東日本高速道路株式会社(外部リンク)

※注意点
 ・ETCレーン(スマートインターチェンジ含む)の利用はできません。
 ・ボランティア車両証明書に記載したインターチェンジ以外のご利用はできません。
 ・ボランティア車両証明書は往路と復路でそれぞれ回収されるので、別々に印刷してください。
 ・ボランティア活動後に災害ボランティアセンターから活動確認の押印を受ける必要があります。事前に災害ボランティアセンターにボランティアの活動状況等を確認してください。

※詳細は茨城県ホームページをご覧ください。


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-10-16 11:24:00 (86 ヒット)
災害ボランティア情報

災害ボランティア活動保険のお申し込みがネットからできるようになりました。

<大規模災害特例適用>
 全社協のボランティア活動保険は、今回の災害に際して大規模災害特例を適用しました。これは災害ボランティアセンターが設置され、災害復旧対応のボランティア活動に緊急性がある場合、被災地の県社協から全社協への要請に基づいて適用されるものです。
 通常は加入申込手続きの完了した日の翌日午前0時から補償開始となりますが、大規模災害特例が適用された場合は、社会福祉協議会で加入申込手続きが完了した時点から即時の補償開始となります。
 ボランティア活動保険は自宅と活動場所の往復途上も補償されます。災害ボランティア活動を希望される方は、被災地では混乱も想定されますので、極力、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。

<Webによる保険加入>
 今回の災害では、(社協)災害ボランティアセンターが調整しているボランティア活動に限り、ボランティア活動保険をインターネット上で申し込みをすることができます。休日等で地元の社会福祉協議会で加入できなかった方は、ネットからお申込みができますのでご利用ください。

【WEB加入にあたっての注意事項等】
・現地受付で加入者証の提示が求められた場合、加入者証(=受付完了メール)を提示してください。
・保険料の支払いは、クレジットカードが必要となります。クレジットカードがない場合、または、クレジットカードでの支払いを希望しない場合、ボランティア活動出発前に、お住まいの市区町村社会福祉協議会で加入手続きを行ってください。
・保険は即時適用となるため、キャンセル及び保険料の払い戻しはできません。
・補償期間は、手続きをした年度末(3月末)までになります。なお、補償期間中であれば、別の場所で活動をする場合も新たに加入手続きを行う必要はありません。
・WEBサイトでボランティア活動保険の加入手続きをするとともに、実際に活動を行う災害ボランティアセンターにて、ボランティア登録を行う必要があります。
・万一加入者に事故があった場合には、原則として活動先の災害ボランティアセンター(社協)で事故報告書を作成いただき、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の都道府県別担当・保険金サービス課にご提出ください。
※事故報告書には、加入者に通知した登録完了通知メールに記載の「お申込み番号(vr以下10桁の数字)」を確認のうえ、記入してください。

■申込はこちらから⇒ボランティア活動保険加入WEBサイト

【保険に関する問合せ先】
(株)福祉保険サービス(電話:03-3581-4667)


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-9-30 9:03:00 (173 ヒット)
災害ボランティア情報

9月9日(月)早朝に関東地方に上陸した台風15号は、千葉県、神奈川県を中心に大きな被害をもたらしました。 また、16日からの雨や台風第17号の影響によって住家被害が拡大し 、全・半壊を含め1万4,000棟を超える被害が確認されています(内閣府9月24日) 。
昨日までに停電地域は解消されたとしていますが、依然として千葉県内で約1,200戸で停電と約400戸で断水が続いて います。

現在全社協では、千葉県社協をはじめとする被害の報告された関東地方近郊の都県・指定都市社協と連絡を取りながら、被害の状況、市区町村社協の状況について情報収集を行っています。

※詳細は全国社会福祉協議会ホームページをご覧ください。

【災害ボランティア活動状況】
■東京都大島町の災害ボランティアセンターは、9月20日までの活動により支援ニーズへの対応を終え、その活動を休止しました。今後、支援ニーズが生じた際には社協ボランティアセンターにおいて対応することとしています。
千葉県では、13市町社協で災害ボランティアセンターを開設、8市町(千葉市、館山市、冨里市、匝瑳市、香取市、山武市、成田市、芝山町)社協では、社協ボランティアセンターで それぞれ被災者のボランティアニーズに対応しています。
なお、大網白里市並びに九十九里町の災害ボランティアセンターは活動を終了し、今後の支援ニーズは社協ボランティアセンターにおいて対応することとしています。

東京都・千葉県の各市町の災害ボランティアセンターおよび社協ボランティアセンターにおいては、9月24日(火)までに延べ約1万2,500人のボランティアを受け入れ、住民の支援にあたっています。
なお、この間、各市町の災害ボランティアセンターの運営支援のため千葉県社協および同県内市町村社協から職員の応援派遣が行われるとともに、9月21日からは関東ブロックの都県・指定都市社協が支援に赴き、延べ610人が運営支援にあたりました。

現在のボランティアニーズは、「屋根に登ってのブルーシート張り」が非常に多くなっていますが、その作業には大きな危険が伴 うため、一般の災害ボランティアでは対応が困難であり、鳶職等の経験者で屋根・外壁等の養生ができる人(専門ボランティア)に限り受け入れを行っているセンターが多くなっています。
また、求められている活動の規模から、ボランティアの募集地域を限定していることがあります。ボランティアの募集 ・活動状況は変化しますので、参加を検討する際には、各市町 の最新情報を必ず確認してください。


※詳細は下記ウェブサイトをご覧ください。

・千葉県社会福祉協議会ホームページ 
 http://www.chibakenshakyo.com/index.php
・千葉県災害ボランティア情報(特設サイト)
 https://chiba.shienp.net/
・千葉県災害ボランティア情報(Facebook)
 https://www.facebook.com/chiba.vc/


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-9-19 8:30:00 (104 ヒット)
災害ボランティア情報

9月9日早朝に関東地方に上陸した台風15号により、関東地方を中心に大雨及び強風が続き、人的被害、建物被害が報道されています。現在千葉県各市町社会福祉協議会ならびに東京都大島社会福祉協議会で災害ボランティアセンターが開設され、被災者の支援が行われています。
ボランティア活動にあたっては、被災地入りする前に、最寄りの社会福祉協議会でボランティア活動の加入を呼びかけているところですが、これまで休日や夜間等、最寄りの社協で加入ができないことが課題でした。
このため、今回の台風15号災害の支援を契機として、ボランティア活動保険の大規模災害特例適用時に限り、インターネットでの加入申込を試行しています。

◆ボランティア活動保険加入WEBサイトURL
(千葉県災害ボランティア情報特設サイト)
https://chiba.shienp.net/insurance


※なお、既にボランティア活動保険の大規模災害特例適用を受けている被災地域の災害ボランティア活動(例:佐賀県、岡山県等)に参加する場合は、以下のWEBサイトから加入できます。
(「全社協 被災地支援 災害ボランティア情報」)
https://www.saigaivc.com/

【WEB加入にあたっての注意事項等】
・上記WEBサイトでボランティア活動保険の加入手続きをするとともに、実際に活動を行う災害ボランティアセンターにて、ボランティア登録を行う必要があります。
・加入にあたっての注意事項等は上記WEBサイトでご確認ください。
・万一加入者に事故があった場合には、原則として活動先の災害ボランティアセンター(社協)で事故報告書を作成いただき、損害保険ジャパン日本興亜株式会社の都道府県別担当・保険金サービス課にご提出ください。
※事故報告書には、加入者に通知した登録完了通知メールに記載の「お申込み番号(vr以下10桁の数字)」を確認のうえ、記入してください。


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-8-30 15:54:07 (66 ヒット)
災害ボランティア情報

8月 27 日から長崎県、佐賀県、福岡県を中心に大雨が続き、 28日5時50分には3県に大雨特別警報が発表されました。(28日14時55分に解除)。この豪雨により 、人的被害や建物被害が報道されています。
全社協では、「豪雨災害福祉対策本部」を8月28日に設置しました。現在、全社協構成組織および関係機関と連携して被害状況の情報収集を行っており 、今後、情報提供を行ってまいります。

※詳細は全国社会福祉協議会ホームページをご覧ください。


投稿者: ボランティアセンター 投稿日時: 2019-8-4 14:42:00 (372 ヒット)
災害ボランティア情報

各地で災害が発生
〜被災地の社協を中心に災害被災者支援が進められています〜
 (全社協地域福祉部 全国ボランティア・市民活動振興センター)


全社協地域福祉部 全国ボランティア・市民活動振興センターでは、下記のホームページにて
被災地支援、災害ボランティア等の情報を随時更新してまいりますので、参考にしてください。

【ホームページ】
全社協 被災地支援 災害ボランティア情報
 (https://www.saigaivc.com/)

【問いわ合せ先】
全国社会福祉協議会 地域福祉部
全国ボランティア・市民活動振興センター
TEL:03-3581-4656/FAX:03-3581-7858


> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare