これからボランティア活動をはじめるあなたへ

どうしたら活動できるの?

他者や社会のために自発的に行う、金銭的な利益を第一に求めない活動がボランティア活動です。
誰もが暮しやすい豊かな社会を目指して、さまざまな人や団体とつながり、ネットワークをつくりながら社会の課題の解決に取り組む活動です。

ボランティア活動4つのポイント

1.自主性・主体性

他人から強制されたり、義務として行うものではありません。個人の自由な意思こそボランティアの原点です。無理をする必要もなく自分の出来る事から始めてみましょう。

2.社会性・連帯性

誰もがいきいきと豊かに暮していけるようにお互いに支えあい学びあう活動です。一人ひとりまったく別の人生を生きている、いろいろな人々がお互いを尊重し、生活や社会を一緒につくる活動、それがボランティア活動でもあるといえます。

3.無償性・無給性

金銭的な報酬を期待して行う活動ではありません。でもお金では得られない出会いや発見、感動、喜びを得ることができます。最近ではお願いする側と協力する側が対等な立場でいることができるという意味合いからくる謝礼的なものや、交通費、材料費などという部分での金銭的なやりとりがありますがこれもボランティアの範疇といってよいでしょう。ボランティア活動の報酬とは、いろんな人と一緒に何かを成し遂げること、作り上げることの達成感や充実感ではないでしょうか。

4.創造性・開拓性・先駆性

今、何が必要とされているのかを考えながら、よりよい社会を市民の手で創る活動です。ボランティア活動とは、あなたの持つ知識や経験、感性をフルに動員してよりよい社会をつくる活動でもあります。

ボランティア活動で気をつけたいこと

◆あいさつが基本です
あたりまえですが、あいさつはきちんとしましょう。

◆遊びではありません
友達同士おしゃべりは相手に失礼。今まで知らない人や社会と出会える貴重な機会ですから、活動先の人たちとの交流を大切にしましょう。

◆やると決めたこと、約束したことはしっかり守りましょう
連絡もなしに遅刻したり、休んだりするのは活動先に迷惑がかかります。受け入れ先はみなさんが来てくれることを予定して準備をしています。持ち物や服装、活動のルールなど他の約束事もたくさんあります。大切なことですからしっかり守りましょう。

◆わからないことは聞きましょう
わからないのは当たり前。遠慮しないでスタッフに聞きましょう。

◆気づいたことは提案しましょう
言わないと動いてくれないボランティアは受け入れ先も戸惑います。自分が気が付いたこと、できることを自分からやっていく自主的な活動ですから、こうしたらいいなぁと思うことはどんどん実行してみましょう。

◆無理なく継続できる計画を
自分の予定を踏まえて、自分の生活にあったペースで行動しましょう。無理をしないことが長続きの秘訣です。

◆相手や関係者の立場を尊重しよう
自分の思い込みだけで行動するのでなく、まず何が必要とされているのかを知ることが大切です。

◆責任があります
自分の意志で始めた活動として、相手等がある活動として責任が伴います。活動や活動先で知りえた情報などをむやみに話すなどのことには注意しましょう。

◆ボランティア保険に入りましょう。
活動中や活動先と自宅の行き帰りで起きた事故などについて保障される保険です。地域のボランティア・市民活動センターまたは社会福祉協議会で加入できます。
ボランティア保険について[詳しくはこちら→]

ボランティア活動の分野

◆福祉
高齢者、障害者、子どもたち、さまざまな生活課題を抱える人などへの支援

◆医療・保険
病院での活動、心に病を持つ人への支援、相談活動

◆国際協力
海外協力、在日外国人への支援や交流。難民支援

◆環境
自然保護、里山保全、リサイクル活動

◆教育関係
学校教育、社会教育・生涯学習活動への協力

◆消費生活
利用する消費者の立場からの意見、モニター活動

◆芸術・文化
美術館・博物館での活動、地域文化の保全・育成

◆スポーツ
スポーツ活動への支援、障害者スポーツへの参加・協力

◆災害支援
防災活動、災害時の救援・支援活動

◆まちづくり
都市計画や公共施設建築などでの市民参加、福祉マップづくり

◆人権
ドメスティクバイオレンスの被害者女性への支援、知的障害をもつ人などへの権利擁護。このように様々な分野があります。

ボランティア活動メニュー

 ボランティア活動の一覧です。ボランティアを始めるための参考にしてみてください。

1.すぐに始められる活動

リサイクル活動  収集活動  募金活動  清掃活動 など

2.支援の前に技術等を学ぶ

福祉講座や、技術(点字・手話・音訳・要約筆記 など)の講座の受講

3.迷った時はここからスタート

つくば市社会福祉協議会の事業協力(ボランティアの協力のもと、様々な事業を開催しています。)

4.自分の趣味を活かしたり、興味のある内容に参加

既存のグループの活動に加わって活動する。TVCにも様々なジャンルのボランティア団体が登録しています。 (詳細はTVC登録団体の紹介をご覧ください)

5.同じ志をもつ仲間とできることを考える

グループの立ち上げ(自分たちがやりたいこと、できることを考える)

6.とにかくやってみる

ボランティア募集のある内容に、とりあえず参加してみる

ボランティア活動保険に加入しましょう

ボランティア活動中の万が一の事故に備え「ボランティア保険」に加入しましょう。ボランティア自身が国内でボランティア活動中にケガをした場合の「侵害保険」、第三者の身体または財物に損害を与えた場合に見舞金など賠償金を支払う「賠償責任部分」をセットにした保険です。
保険の内容や加入手続きの方法などについては、つくばボランティアセンターにお問い合わせ下さい。
※詳しくはこちらから

★ボランティア情報冊子「ボランティアを始めてみませんか?」もぜひご覧ください。

※冊子はこちらからダウンロードできます。



投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare