災害の起きた地域でボランティア活動するには

東日本大震災や、つくば市竜巻災害等、近年各地で様々な災害が起きています。このような災害時には、災害ボランティア活動が大きな力を発揮しています。災害ボランティア活動には大きな期待が寄せられますが、一方で、ボランティア活動が被災地の人々や他のボランティアの負担や迷惑にならないよう、ボランティア一人ひとりが自分自身の行動と安全に責任を持つ必要があります。

災害ボランティアに参加する際の基本的な注意事項

〆匈殴椒薀鵐謄ア活動は、ボランティア本人の自発的な意思と責任により被災地での活動に参加・行動することが基本です。

△泙困蓮⊆分自身で被災地の情報を収集し、現地に行くか、行かないかを判断しましょう。家族の理解も大切です。その際に、必ず現地に設置されている災害ボランティアセンターでボランティア活動への参加方法や注意点について確認してください。メールで問い合わせてもすぐに返信できない場合がありますので、電話をするかホームページで確認しましょう。

H鏈卉呂任粒萋阿蓮危険がともなうことや重労働となる場合があります。安全や健康についてボランティアが自分自身で管理することを理解したうえで参加してください。体調が悪ければ、参加を中止することが肝心です。

とえとして、ボランティア活動保険に加入しましょう。居住地の社会福祉協議会で事前に保険に加入しておけば、被災地までの移動における事故も補償対象となるので安心です。

ト鏈卉呂燃萋阿垢觝櫃僚表蠅蓮▲椒薀鵐謄ア自身が事前に被災地の状況を確認し、手配してください。水、食料、その他身の回りのものについてもボランティア自身が事前に用意し、携行のうえ被災地でのボランティア活動を開始してください。

θ鏈卉呂砲ける緊急連絡先・連絡網を必ず確認するとともに、地理や気候等周辺環境を把握したうえで活動してください。

被災地では、被災した方々の気持ちやプライバシーに十分配慮し、マナーある行動と言葉づかいでボランティア活動に参加してください。

被災地に到着した後は、必ず災害ボランティアセンターを訪れ、ボランティア活動の登録を行い、ボランティアコーディネーター等、現地受け入れ機関の指示、指導に従って活動してください。災害で大変な目に遭っている地域があるからといって自由にボランティア活動をはじめてしまっては、本当のニーズから外れてしまったり、かえって邪魔になってしまうというケースもあります。単独行動はできるだけ避け、組織的に活動することで、より大きな力となることができます。

休憩を心がけ、自分にできる範囲の活動を行ってください。無理な活動は、思わぬ事故につながり、かえって被災地の人々の負担となってしまいます。

災害ボランティアに参加する時の服装・持ち物

災害の種類や規模、活動時期によって異なりますが、ここでは、基本的なものを明記します。

服 装

汚れてもいい服装。ケガ防止のため、長袖・長ズボンを着用してください。

靴はつま先保護のために踏み抜き防止のインソールを入れた長靴が適しています。

帽子

頭部の保護及び日射病・熱射病対策のため、必ず着用してください。

マスク

粉じんやアスベスト等を吸い込まないように、マスクを着用してください。 臭いを防げるよう、防じん・防臭のマスクが適しています。

持ちもの

・軍手

・ゴム手袋(厚手ですべり止めのあるもの)

・タオル(数枚)

・着替え

・雨合羽(少雨の中での活動に備えて)

・薬(目薬やうがい薬は持っていきましょう)

・食べ物(腐りにくいもの)

・飲み物(塩分が入ったスポーツドリンクが最適)

・昼食

・救急用品(救急ばんそうこうなど)

・健康保険証(写し)

・ゴミ袋

・・・など

 

※被災地には、地元以外の人々が活動されているため、各災害ボランティアセンターでは、ボランティア活動をされるにあたり、身分証明書等の携行や所属する団体・グループ等の腕章等をつけ、その人がボランティア活動中であることが識別できるよう呼びかけていますのでご協力ください。

◆水害の被災地で活動する方は水害ボランティアマニュアルもご覧ください。

支援物資も現地のニーズに合わせて送付してください

被災地に、個人から多くの物資が送られますと、量の多さや物品の仕分けの困難さ等でせっかくの善意の物資がかえって、被災地に大きな負担をかけることになる恐れがあります。したがって、現地によく確かめて、必要な物資を的確に送っていただくようお願いします。

観光や募金も被災地支援になります

被災地でのボランティア活動が変化しているなか、被災地への観光や物産品の購入も、被災地の復興につながるものとして、歓迎されています。

また、支援が長期化するなか、支援者への財政的支援も求められています。義援金や災害ボランティア活動の資金への募金もぜひお願いします。

災害ボランティア活動の流れ

1.ボランティア活動に入る前の準備

現地の情報を確認しましょう

被害状況を確認するとともに、ボランティアの必要度をしっかり把握しましょう。被災地の社協ホームページ等で確認することができます。

服装

汚れても良い服装でお越しください。また、作業に適した服装をしましょう。冬は防寒着もお忘れなく。底の厚い靴が良いですが、動きにくいものは避けましよう。

持ち物

被災者への支援を最優先にするためにも、活動に必要なものは自分で準備していきましょう。

交通手段

乗用車での現地入りは交通渋滞などを起こす恐れがあり、緊急車輌や災害復旧作業の妨げになることがあります。できるだけ公共交通機関などを利用しましょう。また、交通費は自己負担になります。

食事・宿泊

食事・宿泊については、自分自身で手配するようにしてください。災害ボランティアセンターでの斡旋は行いません。また、食費・宿泊費は自己負担になります。

2.現地でのボランティア活動

自分勝手な活動は現地での混乱のもとになります。必ず現地災害ボランティアセンターと連携し、指示に従い活動しましょう。

受付

現地ではまず、ボランティアの受付をします。氏名・住所・ボランティア活動経験の有無・ボランティア保険加入の有無などについて登録用紙に記入します。また、活動中の万一の事故に備えて、ボランティア保険には必ず入りましょう。

※ボランティア活動保険は自宅と活動場所の往復途上も補償されます。災害ボランティア活動を希望される方は、被災地では混乱も想定されますので、極力、ご自宅最寄りの社会福祉協議会で加入してください。

オリエンテーション

活動にあたっては、内容や役割を確認していただくためにオリエンテーションを行います。被災地での活動だということを認識するためにも、しっかり聞きましょう。

マッチング

被災者から出されているニーズ(要望)と活動を行うボランティアのマッチング(調整)を行います。いつも活動のニーズがあるとは限りません。待機時間があることについてご理解ください。

送り出し

活動に必要な資材などを資材受け渡し場所でもらいましょう。

活動

以下の点に注意して活動をしましょう。

【活動の注意点】

・けがなどしないように十分気をつけましょう。

・無理をしないよう、適宜休憩をとりましょう。

・危険な作業は、ボランティアではできません。

(「安全な場所で危険のない作業をする」ということについてご理解下さい)

【活動にあたっての心構え】

・被災者の気持ちにたって行動しましょう。

・自分では善意のつもりでも、被災者にとっては押しつけとならないよう気をつけましょう。

※被災地でのボランティア活動は、被災地域に住む人自身の力による地域復興・再生の手助けであるという自覚を持って活動しましょう。

3.活動が終わったら

手洗いうがい・洗浄

ほこりや泥などからの細菌感染を防ぐためにも、しっかりと手洗いうがいや資材の洗浄を行いましょう。

活動報告

派遣された先での活動についてセンターに報告をします。活動が終わらなかった部分や、新たな支援依頼などについてもあわせて報告しましょう。

帰宅

お疲れさまでした。十分に気をつけて事故などないようにお帰りください。

> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare