ボランティアフェスタinつくば

平成28年1月17日(日)イーアスつくばにて「ボランティアフェスタinつくば」を開催しました。つくばで活躍するボランティア団体の活動紹介を行う年に1度の大イベントです。今年は39団体が参加し、来場者数1,700人という昨年のボランティアフェスタより多くの方にご来場いただきました。  展示・販売ゾーンでは22団体による、手作り品の販売や活動の様子を写真やポスターで展示しました。体験ゾーンでは9団体が参加し、手話、点字、音訳、おもちゃ作り、グラウンドゴルフなど、さまざまな体験をすることができました。ステージ発表では、よさこいソーラン、筑波山ガマ口上、シャボン玉ショー、ギターや三味線の演奏など8団体による活動発表が行われ、会場を盛り上げました。また、このような大きなイベントには運営補助ボランティアが欠かせません。ボランティアフェスタ実行委員のほか、個人ボランティア、筑波高校生合わせて34名にご協力をいただきました。  このボランティアフェスタをきっかけに、一人でも多くの方がボランティアや地域福祉について関心をもち、活動を始めるきっかけになれば幸いです。ご来場いただいた多くのお客様、ご協力いただいた実行委員、シールラリー特別協賛企業様、ボランティアの皆様、ありがとうございました。

※写真はクリックするとカラーで見ることができます。

夏休み知っちゃおうツアー

小学4年〜6年生を対象にしたボランティア体験講座を開催しました!

■8/21(木) ,澆鵑覆肇灰潺絅縫院璽轡腑鹵里辰舛磴うコース

午前中は竹園手話サークルの皆さんに、挨拶や自分の名前の手話を教えていただき、つくば市おもちゃ病院さくらんぼのおもちゃドクターと一緒に誕生日当てカード、紙飛行機、紙竹とんぼを作りました。午後はつくば市レクリエーション協会とつくばグラウンド・ゴルフくらぶの皆さんと6種目のスポーツ・ゲーム対決をしました。

※写真をクリックするとカラー写真が見れます。

■8/22(金) 外国のこと知っちゃおうコース

つくば市にあるブラジル人学校「インスチトゥト・エドゥカーレJT]へ訪問し、ブラジルのことや、ポルトガル語を教わったり、ブラジル人学校の生徒とゲームやサッカーなどで交流をしました。

※写真をクリックするとカラー写真が見れます。

■8/26(火) いざ!という時なにができるか知っちゃおうコース

東京都にある「そなエリア」で地震発生後72時間の生存力をつけるための防災クイズに挑戦しました。その後、荒川区社会福祉協議会へ訪問し、非常食を使った昼食を食べました。荒川区の住宅街を案内してもらい、災害に備えて設置された井戸を見たりカエルキャラバンという世界中で行われている防災体験をしました。


















※写真をクリックするとカラー写真が見れます。


 

青少年わくわくボランティア体験

中高生を対象にしたボランティア体験講座を開催しました!

8/30(土)に「誰もが楽しめるまつりつくば」をテーマに、まつりつくばに参加しました。事前学習として高齢者・障害者疑似体験と、バリアフリーとユニバーサルデザインについて学んだあと、実際にまつりつくばの会場へ行き、工夫されている場所や改善が必要と感じる場所を探し、その場所を印したハートフルマップを作成しました。


















※写真をクリックするとカラー写真が見れます。




> 個人情報保護に関して (C) Tsukuba-City Council of Social Welfare